MENU

open

デントリペア日記 HOME > ご挨拶

ご挨拶のアーカイブ

刺激を受けて・・・

201712141

12日(火)・13日(水)の2日間・・・お休みをいただいて大阪堺市にて開催された国際デントリペア展示会に行ってまいりました!

201712142

会場内では海外の各デントツールメーカーが出展、最新のリペアツールの紹介や販売・・・欧米では極当たり前の展示会ですが日本では初めて!

やっとこさ!?日本もここまで来たという感じですね(^-^;

201712143

会場内には同業者の方達があっちにもこっちにも?ってほど全員か?の勢い(@_@) 面識のある方はもちろん初めてお会いする方も含めて・・・何せこれだけの同業の方とお会いするチャンスは中々ありませんから初対面でも盛り上がるってものです。

自分がデントリペアを始めて数年経った頃、”もっとうまくなりたい!もっとたくさんのお客様にこの技術を知ってもらいたい!”という思いで仲間7人で立ち上げた”デンナビ”こと”デントリペアナビゲーション”から7年半・・・一人も欠けることなく今では皆がそれぞれの地域で”地域一番店”と言える活躍、中々昔のように7人全員が集合する機会はなくなってしまいました(きんちゃんことデントリペアワークスの金枝さんを会場で見つけた瞬間思わず熱い~いハグしちゃいました・・・しばらくぶりに会う恋人のごとく・・・爆)がやっぱりその”熱い気持ち”には変わりないことを今回改めて実感しました(^^♪ デンナビについては立ち上げ後、共感していただいたたくさんの同業者の方からお声を掛けていただくことも多くなり年齢や経験年数、どこで習ったとか関係なく交流させていただきさらにこの2日間でも本当に良い出会いをさせていただきました。

改めてこの場でこの展示会開催にあたりご尽力いただいた日本デントショップネットワークの藤井社長及び関係スタッフの方々に感謝いたします<m(__)m>

201712144

会場では技術コンテストも実施していて・・・周りで見ているのがほぼ全員同業者という尋常でないプレッシャーの中でさすがに海外の一流技術者達は落ち着いていましたね(中には厚切りジェイソンか?という方もいらっしゃいました(^-^;・・)

日本でのデントリペアはまだまだ発展途上・・・狭い市場を奪い合うのではなくこれからさらに認知度が高くなり市場が広がることで高い技術を持った職人が増えて各地域での活躍を目指す・・・ほんと経験年数だけではうかうかしてられませんね(>_<) まだまだうまくなりたい気持ちがある限り私も必死に置いてかれないように頑張ります。

201712145

本日ラスト・・・横浜市よりお越しいただいたトヨタクラウンのオーナー様。

201712146

ルーフに何が当たったのでしょう?小さくても傷のある深いへこみなのでルーフライニング(内張り)を外しての作業となります。

201712147

傷はそのまま残るケースですがへこみの痕跡はなし!オーナー様にも”デントリペアって凄いんですね~~”っと大変喜んでいただけました~~(^O^)/

 

 

 


しっかり見極めます!

2017120913

週末・・・お見積り及び施工ご予約にてご来店が集中しております(@_@) 年内に気になるへこみや飛び石によるガラス傷をリペアご希望の方に於いてはお早めに(特に週末、年末)ご連絡のうえご予約いただくことでお役に立てるかと思いますのでよろしくお願いいたします<m(__)m>

本日の施工よりご紹介・・・

201712092

朝一番のご予約にて・・・VWゴルフRのオーナー様、リヤドアのへこみのご依頼です。

201712093

2センチ弱の典型的なドアパンチ痕ですね・・・オーナー様は初めてのデントリペア体験でしたが!?

201712094

ほんの数分後?にはなかったことに!・・・オーナー様、”2時間くらいはかかるものと思ってたからびっくりです(@_@)!”っと。もちろん仕上がりにも大満足していただけました。

201712095

八王子市より・・・BMW318Ciのオーナー様、最近ご購入されたというお車とのことでこれからこつこつとリフレッシュをされるそうです。今回は最初からあったというフロントガラスの飛び石傷のご相談でしたが?拝見すると??

201712096

こ、これは・・・ガラスリペア痕ってやつですね(>_<) 推測するに前のオーナー様がかなり前に一度リペアしたのでしょう、通常ですと一度リペアすると原則リカバリーは厳しいのですが劣化しているのが衝撃点付近で周囲のヒビにはしっかりレジンが浸透しているので伸びるリスクは少ないケースかと。

今回はオーナー様が現状より改善すればOKとのことでしたので再リペアをさせていただきました。

201712097

だいぶ黒い影が消えましたね・・・また衝撃点も埋め直しをしたので見た目もかなり改善!オーナー様にも喜んでいただけました(^^♪

201712098

ちょっと珍しい箇所のリペアも・・・スズキエブリィのリヤドアの窓枠部分のへこみです。この場所はデントツールが入る隙間がない車種がほとんですが・・・

201712099

軽自動車ゆえの?構造に助けられ(^-^; 無事リペア出来ました(表面に黒いステッカーが貼ってあるので傷はそのまま残ります)。

2017120910

相模原市より・・・BMW Z4のオーナー様、ボンネット先端に気付いたらへこみ発見( 一一)とのことでのご相談でした。

2017120911

アルミボンネットではありますが工具さえ入れば全く問題ないケースと言えます・・・が?しかし店内に入れてツールアクセスを確認するも?なかなか入らず(先端付近の裏の穴や隙間の奥で2重構造になっているのです・・)。

っということで更に調べるべくオーナー様には代車をご利用いただいて1時間程のお預かりにて(預かっちゃったからには何が何でも工具届かせます・・)

2017120912

最適なポイント及び最適なデントツールの組み合わせで!無事リペア完了です。オーナー様も”ほっと一安心”・・・お役に立てて良かったです~~(^O^)/

どんな小さなへこみでも・・・また飛び石の傷も・・・しっかりと見極めて最善の方法をご提案することが大切、結果お役に立てたなら尚最高ですね(^^♪

明日も全力で営業しております。。。


ぎりぎり届く(^^)/&届かない(T_T)

201712031

今日の朝一番は神奈川県相模原市より・・・アウディTTのオーナー様、洗車していたらドアにまさかのへこみ発見( 一一) 小さくてもピカピカの黒いボディゆえに余計に目立ってしまいますね。

201712032

へこみそのものは充分リペア可能レベル・・・ですがちょっと場所が心配です!?ドア最前部なので果たして工具が届くのか?まずはいつも通りガラスを全開にして上部の隙間からツールアクセスを試みました。

201712033

数分後・・・あれ?下のへこみがなくなってますね!?無事工具が届いたのでそのままリペアしたのですが・・・問題は上のへこみ、残念ながら同様には届かず(補強に邪魔されました・・・しかもこの場所は内張を外してもかなり厳しい場所でもあります)。

201712034

っということで・・・こちらはプーリング法にてリペアさせていただきました。表から引っ張っては叩いての繰り返しの作業・・・さすがに数分という訳にはいきませんがオーナー様にお待ちいただいている間に無事完了~!初めてのデントリペア体験で”感動”をお伝えすることが出来ました(^^♪

201712035

横浜市より・・・日産エルグランドのオーナー様、ボンネットに原因不明のへこみでのご相談、悩んでいた所、同じ会社の方が当店のお客様だったらしく当店をお勧めしてくれたそうです(ありがたや~<m(__)m>)。

201712036

ん?ちょっと深いですね~、しかもちょっといびつ?というか右の”でべそ”っぽいのは何だろう?っと伺うと・・・オーナー様が傷をタッチアップした後にコンパウンドで強く擦ってしまったとのこと、そうなるとこれは表面が擦った際に塗装面が”熱だれ”を起こしているものと思われます( 一一)

201712037

これ以上はコンパウンド等を使って磨けないので・・・塗装面を労わりながら出来る限りの調整をさせていただきました。僅かな点傷はのこりますがこれで誰が見てもまさかこの場所がへこんでいたとは気付かないでしょう(^-^; 何よりもこれで再塗装するのは勿体ないですからね(純正スクラッチシールドは塗装代もお高いですからね~)。オーナー様にも”へ?こんなに綺麗になるんですね~!”っと大変喜んでいただけました。

201712038

目黒区より・・・ルノーメガーヌのオーナー様、こちらもディーラーさんの担当者より直接オーナー様をご紹介いただいたケースです<m(__)m>

201712039

うぅ、これは(=_=) ルーフサイドピラー部に天井の蛍光灯がグニャリと曲がるというかなり深いへこみですね・・・この場所は逆立ちしても!?工具が入らないので最初からプーリング法を選択!

2017120310

中心が深いのでひたすら根比べ・・・オリジナル塗装且つ無傷だったので塗装剥がれ等のリスクもほぼないと判断(事前に塗装剥がれ等のリスクのご説明をしたうえでご了承いただいてからの作業となります)、1時間半程かかりましたが無事にリペア完了です。

2017120311

ルーフパネルの再塗装となるとかなり大掛かりになってしまいます・・・今回無事にリペア出来たことで費用対高価の面でも大きなメリットを実感していただけて、何よりもオリジナル塗装を維持出来たことに大変喜んでいただけました(^_-)-☆

今日はデントリペア初体験のお客様ばかりでしたがそのメリットを充分に感じていただくことが出来ました・・・まさしく”知らないと損してしまいますよ”っと。そんな技術だと自信を持って!こうしてご紹介しております。。。

 

 

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

何となく!?いいかも!?にお応えしたい(^^♪

DSC_0227

町田市内より・・・トヨタプリウスαのオーナー様、G’sで鮮やかな赤いボディカラーはあまり走っていませんからとても新鮮ですね!

DSC_0220

その綺麗なボディ(リヤドア)に一見普通のドアパンチ痕!?・・・のように見えましたが?

DSC_0218

角度を変えると・・・横一線のへこみでした。これはドアパンチではなくショッピングカートが当たってしまったようです(>_<)

DSC_0221

ツールアクセス及びへこみの深さ等・・・リペアの条件としては全く問題ないのでデントリペアがベストと言えるケース!これで板金塗装するのは本当に勿体ないですからね・・・オーナー様も大満足。ご相談いただいて大正解でございました~(^^♪

DSC_0233

こちらも町田市内より・・・スバルレガシィワゴンのオーナー様、今ではすっかり少数派のBP型ですがまだまだそのスタイルは健在!最近ご購入されたそうですがこれから大事に乗ろうと思っていた矢先のアクシデント(=_=)

DSC_0229

フロントドア前方下部に・・・脚立を倒してしまったそうです(滴り落ちる雫がまるで涙のよう(T_T)・・)。

DSC_0232

内張りを外すことなく無事にツールが届いたので短時間でリペア完了・・・涙も拭き取ってオーナー様も笑顔復活です(^^♪

皆様、初めてのご依頼の場合は一体どこに頼めば良いのかわからずご自身で色々検索されてからご相談いただくかと思います。お電話等でも何から聞けば良いのか?実際自分のへこみは綺麗に直るのか?料金はどの位か?等、不安なことだらけ!?なのも無理はありませんね。

私も出来る限りHP、またこのブログにてデントリペアのメリットやデメリットをわかりやすくお伝えするように努力しています。また電話での対応やご来店いただいた際の対応等も意識してあまり専門的な用語を使わないように、お電話に於いてはこちらから必要な情報(車種やへこみ箇所等)をひとつづつ訪ねていくのでそれに答えていただければ大丈夫です。全ての方に完璧な対応というのはなかなか難しいのですがそうであるように意識して対応しております<m(__)m>

DSC_0211

最近はバイクのタンクのご相談も多くなっています・・・ただやはり!?車と同条件でリペア可能なケースは少なくツールアクセスもかなり限定されることも事実です。

DSC_0208

今回は運良く給油口から何とか工具が届いたのでお役に立てました。

DSC_0209

このようにお役に立てた時は私も嬉しい!ですがせっかくご相談いただいたにも拘わらずお役に立てないことも多々あります(T_T) 全く手を付けられないケース、またリペアしたとしても本来の仕上がりに到達しないであろうケースや費用対効果の面でリペアのメリットがあまりない場合等は板金塗装等をお勧めすることもございます(何が何でもデントリペアありきではなく・・・商売っ気がないと言われますが(^-^;・・)。もちろんお客様の意向を汲んだうえで当店としてお役に立てるか否か?じっくりとお話のうえ出来る限りの対応をさせていただいております。

今回お役に立てなくても・・・またもしもの時にはお役に立てれば!との思いでまだまだ勉強あるのみ、経験&実績を積み上げていくのみですね(本当に奥の深~~い技術です)。。。


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

一台直しですっきり(^^♪

201711241

荒川区より・・・三菱ランサーエボリューションⅥのオーナー様がご来店、気になるへこみを一掃すべく!2週間程前に一度お見積りにお越しいただき本日改めてご予約をいただきました。

201711242

ルーフ・ボンネット・フロントフェンダーに計10箇所を超えるリペアの中から・・・こちらはCピラーのへこみ。この場所は内装を外しても工具アクセスが出来ませんので表からのプーリング法での作業となります。

201711243

年式等による塗装表面の経年劣化も考慮してあまり無理は出来ませんが無事リペア完了です!

201711244

こちらは・・・ルーフ前方、ルーフレールモールの内側は内張りを外してツールアクセス、外側はCピラー同様にプーリング法での作業にて、小さいのですが傷があり芯のあるへこみなので油断禁物、あまり深追いはせずにバランスよく仕上げる方向での作業です。

201711245

どちらも綺麗に仕上がりましたね(^^♪ 今回はオーナー様自らがルーフの内張りを脱着することで工賃を節約!その分リペアの方に費用を回すことが出来ました。

へこみをまとめて直すことで複数割引、一台まるごと直し等、お得な料金設定でお財布にも優しくリペア(^^♪ DIY派の方にとっても”一緒に作業すること”でよりデントリペアの魅力を感じていただき、その仕上がりに”虜”になっていただけるものと確信しております😎

お知らせ・・・明日25日(土)お休みとなります<m(__)m> 26日(日)は通常営業となります・・・予めご了承くださいませ。。。

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

直接!!が一番確実&お得です(^^♪

今日は11月23日・・・”勤労感謝の日”、ですので!?毎日お仕事がたくさんあることに感謝しつつ今日も朝からお客様をお迎えして頑張っております(・へ・)!

201711231

大田区より・・・アウディS3のオーナー様、リヤフェンダー上部!?Cピラー下部!?クォーターパネルとも言いますがちょっと嫌らしい場所にくっきりエクボが出来てしまってのご相談です。

201711232

この場所本当に嫌な場所、位置的にも私達でも直接拝見しないとツールアクセス等含め正確なリペアの可否も判断が難しいところでもあります・・・そのため専門店以外では最初からリペアは不可で板金塗装でのお見積りをされるケースがほとんどかと思います。しかしこのへこみを通常の板金塗装で直すとなると!?ルーフ後方からリヤフェンダー下部までの広範囲の塗装に加えて嵌め殺しのリヤサイドガラスの脱着等、時間も費用も結構かかってしまうこと必至となります。

201711233

やはり!!こうして直接ご相談いただくことでその場でツールアクセスの確認やツールアクセス不可の場合のプーリング法の可否等を即判断!ベストな方法をお客様にご提案出来ます。今回は運良くツールアクセス出来たので約1時間程で無事リペア完了となりました。

201711234

塗装せずにへこみを復元出来るか否か・・・もし可能ならば費用・時間。そして何よりもその仕上がりに於いて全く違和感のない仕上がりが望めます。オーナー様もあまりのスピード解決にびっくり!そして仕上がりに”感動”していただけました(^^♪

201711235

江戸川区より・・・マツダロードスター(ND)のオーナー様、強風時に何かが当たったかも?とのことでボンネット&フロントフェンダーのへこみのご相談です。

201711236

こちらはフロントフェンダー・・・ND型よりフロントフェンダーもアルミパネルになっているんですね。

201711237

基本アルミパネルでもデントリペアは可能です(当店では料金の割り増しもありません)。ちなみにオーナー様、まずはディーラー様にご相談するもこのフェンダー部はリペア可能だけどボンネット(こちらもアルミパネルです)はリペア不可なので!?板金塗装になるとの回答だったそうです(>_<)

201711238

ボンネット先端に近い部分に筋状の薄いへこみですね・・・何故?このへこみがリペア不可の判断になったかは、う~ん、わかりません(^-^;

201711239

フェンダーもボンネットもアルミパネルという同条件・・・ツールアクセスさえ可能ならば全く問題なくリペア可能なケースとなります。

両パネル共にアルミでも割り増しなし、そして2か所なので複数割引にて(2か所目はパネルに関係なく半額施工)とってもお得に!そしてこちらも約1時間の作業にて無事完了!オーナー様にも笑顔が戻りました~~(^.^)/~~~

こうして直接ご相談いただけるからこそ!提供出来ることがあります・・・たくさんのお客様に支えられて早17年、これからも信頼関係を築くべく勤労感謝!?してまいります(^。^)y-.。o○

 

 

 

 

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

働く車ですから・・・ガラスリペア!

201711021

横浜市の法人様より・・・2トントラックガラスリペアのご依頼をいただきました。今までは全てガラス交換をされていたとのことですが・・・リペア出来ない傷ならば仕方ありませんがリペア可能な傷まで交換するのは勿体ないですね( 一一) ましてやお仕事で毎日活躍する車となれば尚更かと思います。取引先の法人様に於いてもリペアor交換をうまく使い分けることで経費の面からも大きなメリットを実感していただいております。

201711022

ご依頼いただいたのは2か所・・・こちらは運転席側、今回2か所共に傷が出来てから日数がかなり経過していることもありリペア後の透明度が傷が出来てすぐリペアした場合よりも若干劣ってしまうケースとなります。

201711023

それでもガラスリペア本来の目的・・・今以上のヒビの伸長を防ぐこと&車検に通る仕上がりについては全く問題なくクリアしております。

201711024

こちらは助手席側(内側の鏡を外して撮影)。

201711025

はっきり見えていた黒い筋が消えています・・・これがレジンがヒビの隙間に完全に浸透した証となります。

但し・・・やはりガラスリペアに関しては傷が出来てすぐにリペアすることが最もリスクが少なく綺麗に仕上がります、時間が経てば経つほど傷口に雨水等の侵入&乾燥を繰り返してしまうので傷の内部にどんどん汚れが蓄積されていくためリペア後の透明度やレジンの密着度に影響を及ぼしてしまいます。

もしも飛び石傷が出来てしまったら?出来るだけ早く専門店にご相談・・・どうしてもすぐにご相談出来ない場合は傷の表面をビニールテープ(セロテープはNG)で塞ぎ水分の混入を防ぐことが大切、その後やはり出来るだけ早いうちにリペアされることをお勧めいたします。

明日からの3連休(3日~5日)も通常営業です・・・お気軽にご来店、ご相談、お待ちしております<m(__)m>

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

11月も!!お任せください!(^^)!

11月に突入です!・・・早いもので今年も残す所あと2か月、今日もたくさんのお客様にデントリペアのご依頼をいただいております<m(__)m>

201711011

川崎市より・・・ピッカピカのホンダビートでお越しいただいたオーナー様、探しに探して程度極上の車両を最近ご購入されたとのこと、とても25年以上経過しているとは思えない程のコンディションでした。

201711012

が?しかし!?アクシデントは突然やってきます。オーナー様、一瞬の不注意でボンネットにコツンと物をぶつけてしまい。先端付近にくっきりエクボが・・・(/_;)

201711013

ビートのボンネットはご覧のように後ろから開きますので作業時はこんな感じで・・・裏の樹脂カバーをクリップが割れないように慎重に外してツールアクセスさせました。

201711014

ツールアクセスはばっちりだったのでオーナー様の目の前で復活!初めてのデントリペア体験とのことでしたがその仕上がりに”感動”していただけました。

201711015

八王子市より・・・日産スカイラインR33GT-Rのリピーター様です。あれ?8月にドアのリペアをさせていただいたばかりですが?何とも!?今回のへこみもまた同じ原因だそうで(^-^;

201711016

前回もなかなか厳しいリペアでしたが今回も・・・ドア前方下部というツールアクセスの厳しさに加えてがっつり深い筋状のへこみでした。

201711017

ほぼ寝ながらの姿勢で(=_=) 再塗装面ということもあり深い筋傷は深追いせず、全体的に違和感が出ないように調整させていただきました。同時にフロントフェンダーのリペアもご依頼いただき!無事R33GT-R復活です(^^♪

201711018

横浜市より・・・アウディA3のオーナー様。

201711019

典型的なエクボ・・・とは言え一点集中の深いへこみ、決して簡単なリペアではありませんね(>_<)

2017110110

これだけ深いとそのほとんどに於いて中心部には傷(塗装潰れ)がありますのでへこみを徐々に上げつつ傷をしっかり見極めて最善の方法で仕上げます・・・今回はぎりぎりまで深い点傷を出して塗装肌レベルで紛れるように仕上げることが出来ました。オーナー様にもこちらまで嬉しくなってしまうほどとっても喜んでいただけました~(^.^)/~~~

2017110111

ラストは・・・国立市より6年ぶりにお越しいただいたトヨタプリウスのオーナー様です。

2017110112

ありゃりゃ(>_<) これも3センチ程と小さいのですが一点集中の深いへこみでした。ドアパンチではなく?ドアを開けた際に障害物に”コツン”と当ててしまったとのことです。

2017110113

リヤドア下部なので内張りを外してツールアクセス・・・先程のアウディA3のリペア同様中心を1ミリたりとも外すことなくピンポイントでツールを当てないと絶対綺麗にはならないへこみです。

まさに”点の絞り”で仕上げるデントリペアの基本技術が試されるリペアと言えますね。。。

さあ!11月も・・張り切っていきましょう~。ぜひぜひお任せくださいね(^O^)/


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

代車の(どうでもよい!?)お話し(^-^;

台風は過ぎましたが・・・まだこの悪天候( 一一) しかも今週末にはまた台風が上陸するかも?なんて本当に勘弁してほしいものですね。今日は定休日明け、ご来店のご予約はなかったので一日中取引先での集中作業となりました。ご来店がなかったので特にブログネタもなく・・・

帰ろうかと思っていたところ、何故かうちの代車のエッセのこんな場所が気になってしまい!?

201710252

今では少数になってしまったラジオのロッドアンテナなんですがね!?普段はこの位で固定しているんですが(感度も問題ないので・・)。

何となく今日伸ばしてみたんですよね(-ω-)/

201710253

って言うか?これ長くね?(@_@) あまりにも車のサイズと比較してアンバランスなので思わず笑っちゃいました。

201710251

っという・・どうでも良い話題でございました(爆)。。。


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

直接施工のメリットは大きいんです(^.^)/~~~

201710091

今日もいい天気ですね~、お出掛けしたいな~(-ω-)/ などと羨ましがっている場合ではなく今日もお仕事でございます。八王子市よりお越しいただいたルノーカングーのオーナー様、ご相談いただいたへこみ?がこちら。

201710092

助手席ドア上部の・・・縁折れってやつですね(>_<) これ、一般的にはデントリペアではなく板金塗装の判断になるケースです。が?デントリペアの叩きの技術をうまく使うことでかなり目立たなくすることが可能となります(折れ具合によってどこまで可能かを見極める必要があります)。

201710093

エッジの傷及び僅かな塗装肌の乱れは残ります(出来る限り調整します)が逆にそれが許容出来ればデントリペアでの修復も充分にメリットを感じていただけるかと思います。

もちろん私達職人に直接見せていただくことでしか判断出来ないケースといえますね。

201710094

こちらは・・・運転席ドアにあった小さなドアパンチ痕。へこみが複数ある場合は同時にご依頼いただくことで2か所目以降5センチまでであれば半額施工となります。

201710095

これも専門店に直接ご相談いただくことで可能なサービスですね(ほとんどの専門店に於いて複数割引はありますが同一パネルだったり別パネルでもOKだったりとそれぞれ変わってきますので直接ご確認ください・・・もちろん当店では別パネルであっても複数割引適用となります(^^)/)。

201710096

川崎市より・・・スズキソリオバンディッドのオーナー様はガラスリペアでのご来店です。

201710097

助手席側に1センチ程と小さいのですが・・・

201710098

少し複雑なヒビなので決して侮れませんね。オーナー様、まずはディーラー様にご相談・・・リペア可能と判断されるもすぐには対応出来ず1週間待ち?との回答に(T_T) そうなんですね!?ガラスリペアもデントリペア同様に専門技術のためディーラーさんやカー用品店等でも扱っているとは言えほとんどがいわゆる”外注作業”によるもの・・・そのためリペアの可否の判断や実際の施工日に於いても迅速な対応が中々出来ていないのが現状となります。

201710099

ってことで・・・直接ご相談いただくことで迅速な対応が可能!ご到着後1時間後にはリペア完了にてすぐにお車お使いいただけちゃいます(‘ω’)ノ

ガラスリペア・・・早ければ早い程綺麗に且つ確実に施工出来ますので直接ご相談されることを強くお勧めいたします。。。

デントリペア&ガラスリペア専門店として技術力はもちろんのこと、気軽にお越しいただけるようにディーラーさんにも負けない安心感も提供するべく日々営業しております<m(__)m>


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > ご挨拶

アーカイブ
タグ

東京都町田市のデントリペア専門店 Y's FACTORY

デントリペアナビ ~デントリペアを通じてお客様に感動を~

旧ブログ(ココログ)はこちら!

ページの上部に戻る