MENU

open

デントリペア日記 HOME > ご挨拶

ご挨拶のアーカイブ

開ける時は気をつけて(>_<)

201704281

神奈川県茅ケ崎市より・・・フィアット・アバルト595Cのオーナー様、約1年半ぶりのリピーター様となります<m(__)m>

201704282

前回も同じ運転席ドアのリペアをさせていただきましたが今回はオーナー様がドアを開けた際に”コツン”と障害物にヒットしちゃったそうです(>_<)

201704283

端に近い下部、しかもへこみの裏にはサイドインパクトビームがあるのでツールアクセスが心配でしたが?・・・逆に?補強があるお蔭でリペアがし易いというケースでもありました。

201704284

前回は大きなへこみだったので何時間かお預かりしての作業でしたが今回はオーナー様にお待ちいただいている間にスピード解決!磨きでは消えない傷もありましたが塗装が剥げたり欠けたりしているわけではないのでタッチアップも不要ですね、この傷も肉眼では全く気にならないレベル!オーナー様にも笑顔が戻りました(^^♪

201704285

国分寺市より・・・ルノーカングーのオーナー様がご来店です。こちらもドアを開けた際にモールごと”ゴツン”っと壁に当てちゃったそうです(>_<)

201704286

僅かですがフロントドアの縁が内側に折れているのが確認出来ますね・・・角度を変えて見てみると?

201704287

ドアエッジが折れているため樹脂モールとの間に少し隙間が出来てしまっています( 一一)

同様のご相談はたまにあるのですがお役に立てるか否かはやはりケースバイケース(当店HP施工例にもいくつか載せてあります)、あまりきつく折れているとどうにもならないこともありますがデントリペア技術の応用でかなり目立たなくすることが可能なことがほとんどですから諦めずにご相談されることをお勧めいたします。

201704288

ビシッと隙間がなくなりました!

201704289

ほんの僅かな折れですがオーナー様にとっては一大事ですからね・・・こちらのオーナー様にも大変喜んでいただけました!

心の隙間も埋めるデントリペア(^。^)y-.。o○・・・明日からのGWは当店休まず営業しています。皆様のご来店&ご相談、心よりお待ちしております。。。


この傷はどうにもなりませぬ( 一一)

週末明けの月曜日は取引業者様からのご依頼が多くなります。

201704241

先代トヨタプリウスのドアにがっつり深い傷を伴うへこみ・・・この傷は磨いても消えません、また深い箇所は物理的な限界を超えて伸びているのでデントリペアでは綺麗に直らないケースです( 一一)

201704242

まあ、目立たなくなったとは言えこの傷が許容出来なければデントリペアではなく板金塗装が良いケースですね・・・当店でも同様のケースでは無理にデントリペアをお勧めすることはありません。

201704243

同じへこみでもそのお客様に喜んでもらえるかどうか?・・・非常に難しいことですがその辺りの見極め・線引きも技術者として大切なことだと思います。

201704244

少し時間がある時は代車の洗車を!お客様に気持ちよくお使いいただくためにはこれも大切な仕事・・・デントリペア屋さんの代車が汚くてましてやへこみだらけでは超~かっこ悪いですからね(^-^;

201704245

201704246

現在の代車はダイハツエッセ&日産モコの2台・・・決して新しい車ではなく距離もそこそこ走っていますが内外装は常に清潔を保つよう心掛けています。

明日25日(火)は定休日でお休みいたします。そしてもうGWに突入ですが期間中は2日(火)も含めて5月8日まで休まず営業いたしますのでお気軽にご来店くださいね<m(__)m>


思い出していただけると嬉しいです(*^-^*)

昨日同様、今日ものんびりモードでの営業でございます(^-^;

201704161

横浜市より・・・トヨタエスクァイアのオーナー様にお越しいただきました。2月にデントリペアをさせていただいたリピーター様ですが今回はガラスリペアでのご来店です<m(__)m>

201704162

通勤途中に高速にて飛び石被弾(>_<)・・・放射状のヒビが何本も。下縁から10センチ以内の場所なのでこのままでは一気に伸びるリスクの高い傷となります。

201704163

過去にも同様の傷で何度かガラス交換をされた経験があるそうですが、”今思えば?リペアでいけたのかも?”っと(^^; 確かに今回の傷も縁に近い等の理由でディーラーさん等では”要交換”の判断をされてしまうかもしれないですね。オーナー様、前回のデントリペアの仕上がりにご満足いただき、そして当店がガラスリペアも扱っていることをご存じだったので今回は迷わずご相談いただけました!デントリペアと違ってどんなに条件が良くてもリペア痕は残る技術ですが本来の仕上がり、そして強度が復活することで何よりも”安心”していただける技術ですからね!リペア中はお喋りをさせていただきながら私も楽しい時間を過ごすことが出来ました(^O^)/

201704164

板橋区より・・・日産エクストレイルでお越しいただいた素敵なご夫婦(#^^#) フロントフェンダーにいつの間にかの僅かなへこみ(歪み)をご主人が発見(>_<)

201704165

上部から撮ったものですがフェンダーアーチのプレスラインのすぐ上に僅かな横筋状のへこみですね・・・一見どこどこ?っという浅いものですが一度見つけてしまうともうどうにも我慢出来ないご主人(^-^; 奥様のお顔を伺いつつ私もお見積りを(あ!?奥様すみません<m(__)m>)

201704166

奥様のGOサインが出たのでそのままリペアスタート!それほど時間のかかるケースではないのでリペア作業の一部始終をご覧いただきましたがこれには奥様も”機械で直すんじゃないんですね~”っと驚かれ短時間ではありましたがデントリペア技術の繊細さ、再塗装せずに直るメリットをご理解いただけたようです。もちろんご主人は仕上がりに”感動!”とっても喜んでいただき、その姿を見る奥様の笑顔も印象的・・・私も幸せな気分になっちゃいました(^^♪

201704167

こちらもタイミングの良いご来店にて・・・調布市よりお越しいただいたトヨタヴェルファイアのオーナー様、約6年ぶりのリピーター様となります<m(__)m>

201704168

普段からどんなに気を付けていてももらってしまうドアパンチ(T_T) それでもオーナー様は”すぐに社長のこと思い出したよ~”っと!!←嬉しいですね~、こうしてすぐに思い出していただけること。

201704169

リヤフェンダー前方へのツールアクセスは一筋縄ではいきませんが今回は表から引き出すプーリング法を選択!通常のリペアと遜色ない仕上がりになると判断した場合はオーナー様にとって負担の少ないリペア法を提示することでデントリペアをもっと身近に感じてもらうように心掛けています。

2度目・3度目と・・・出来れば次はないに越したことはありませんがもしもの時にすぐに思い出していただけるような存在であり続けたいですね(^^♪ そのためにはまだまだ経験と実績を積むのみでございます<m(__)m>


次からは・・迷わず!ですね(^^♪

201704151

八王子市より・・・トヨタアクアのオーナー様がご来店です。ちょうど1か月ほど前に一度お見積りにお越しいただき本日のご予約にてフロントフェンダーのデントリペアのご依頼でした。

201704152

くっきりと5センチ強のへこみ・・・横に擦られているのでドアパンチではなさそうですね、このように擦られて出来たへこみの場合は塗装面に少なからず傷が付いてしまっているのでリペア後も僅かに傷の痕跡が残ることがあります。

それでも見る限り致命的な深さではないこと、フロントフェンダーゆえのツールアクセスの良さもありこの傷もぎりぎりまで塗装肌に紛れるようにリペア可能と判断して先月施工料金&施工時間等をお伝えしてありました。

201704153

約1時間程で無事リペア完了です!オーナー様にも”全然わからない”と大変ご満足していただけました。厳密には僅かに線傷の痕跡が残っているのですがそれこそ?”重箱の隅をつつくように”見なければわからないレベルですので(-。-)y-゜゜゜ 間違いなく言えることは板金塗装と比べて”仕上がり・価格、スピード”の全てに於いて大きなアドバンテージのある事例となります(ちなみにディーラー様での板金塗装のお見積りが8万超えとのことですから今回は約4分の1の費用で収まっています)。

そしてもう一件、今日は週末にも拘わらずのんびり営業となりましたが・・・そこにタイミング良くお越しいただきました。

201704155

こちらも八王子市より・・・レクサスISのオーナー様、リヤドアにいつの間にかのドアパンチ痕のご相談でした。

201704156

へこみはどこどこ?というほどの2センチほどですが何とも嫌らしい場所です!?

201704157

リヤドアの最前部ぎりぎりの箇所に点傷のあるシャープデント、へこみのサイズ、形状は全く問題なくリペア可能レベルですがツールアクセスに少し苦労しました。

201704158

へこみの裏はこのように一気に空間がなくなるうえにサイドインパクトビームの付け根もありとにかく隙間がほとんどない場所・・・このような場所は私達専門技術者でも実際に工具を入れて確認しないと正確な判断が難しいんです。ですから専門店以外にご相談されるとあっさり!?

”工具が入らないだろうから?リペアは無理、板金塗装ですね”っと判断されてしまうことも多々あるようです(>_<)

201704159

今回は無事ツールアクセス出来たので(ツールをたくさん持っていると安心する瞬間でもあります)ご覧の通り綺麗にリペア出来ました。もし?このへこみで板金塗装するとなるとリヤドアのみならずフロントドアまでのぼかし塗装は必至ですから・・・オーナー様も初めてのデントリペアとのことですが(存在すらも知らなかったようですがスタンドの従業員さんが教えてくれたそうです)仕上がりに”感動”していただけました。

再塗装せずにリペア出来るならそれに越したことないですよね!さて?明日もこのままではのんびりモードになりそうですので(^-^; お気軽にご相談、そしてご来店お待ちしております~~<m(__)m>

 

 


初めが肝心ですからね・・・お任せを(・へ・)!

201704081

4月に入って2週目の週末もガラスリペアからのスタートです(^-^; 神奈川県相模原市よりお越しいただいたVWゴルフのオーナー様も飛び石によるフロントガラスの傷のご相談です。

201704082

ほぼ500円玉大の複雑な割れ方ですね・・・ここまで複雑だときっちりリペア出来ても全体的に白っぽく仕上がりますが運転中の視界には入らない箇所なのでそれほど気にならないかと思います。

201704083

リペア後・・・細かいヒビの隅々までしっかりレジンが浸透して硬化完了!オーナー様がすぐにビニールテープで塞いでくれていたこともあり作業もスムースに進みました。これで車検もOKですから安心してお乗りいただけますね。

飛び石も、そしてリペアも初体験のオーナー様ですからしっかりと事前のご説明をさせていただきリペアのメリット&デメリット、費用対効果等をご理解いただいたうえで責任を以て作業をしています。

本日ガラスリペア&デントリペアをご依頼いただいたお客様全てがリペア初体験でしたので私の責任は重大(;´・ω・) だって初めての体験で”な~んだ、こんな仕上がりじゃリペアしなければよかった”なんて万が一でも思われてしまったらリペアに携わる全ての職人さんに申し訳が立たないですからね~(^-^;

201704084

渋谷区より・・・トヨタFJクルーザーのオーナー様もガラスリペアでのご来店。

201704085

町田市内より・・・ホンダオデッセイのオーナー様もガラスリペアでのご来店。

201704086

世田谷区より・・・BMW MINI ロードスターのオーナー様、ここでやっと(大汗)デントリペアでのご来店(^-^; リヤフェンダー部でしたのでテールレンズを外して難なくツールアクセス!オーナー様の目の前でへこみはなかったことになりました(初めてのリペア体験は実際の作業の見学も含めて感動していただけたようです(^^♪・・)。

201704087

横浜市より・・・レクサスHSハイブリッドのオーナー様もデントリペア初体験!

201704088

リヤドアに典型的なドアパンチ痕でしたので・・・!?

201704089

塗装面に僅かな傷がありましたがほとんどが付着物だったので軽く磨くことで綺麗に消えてなくなりました。オーナー様には店内でお待ちいただいている間の超スピード解決だったので大変驚かれ、そしてとっても喜んでいただけました(^^♪

何たって初めが肝心ですからね!皆さんに喜んでもらえて本当に私もホッとしています(*^-^*)

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

上手く使い分けましょう!

201704031

川崎市より・・・スバルエクシーガのオーナー様、約4年半ぶりのご来店です(有難きリピーター様です)前回の記事はあるかな?っと・・・ありましたね~、ルーフサイドのリペアをさせていただいたようです(^-^;

201704032

今回ご相談いただいたのはこちら・・・リヤゲートのナンバー横の鋭角なプレスラインにザックリ。ここかなり硬い場所なので簡単にはへこまないのですが?奥様がバックした際にぶつけてしまったとのことです(:_;)

それでも致命的な傷がないこと、そして歪みを含めても5センチ強程のサイズなのでデントリペアで直れば費用もリーズナブルに、そして即日作業にて完了出来るので他の修理法(板金塗装orパネル交換)と比べても大きなアドバンテージのあるケース!ここはオーナー様も、そして私も迷わずデントリペアをお勧めさせていただきました。

201704033

とは言えプレスライン上の深いへこみは決して簡単ではありませんので慎重に施工させていただきました。

201704034

別角度からも・・・綺麗に復元出来ていますね、傷もほとんどわからないレベルなのでプロも含めて誰からも指摘されることはないでしょう(^^♪

未だにプレスライン云々ということだけで”リペア不可”との判断がなされることも多いようですが決してそんなことはありません(・へ・) 正確にはプレスラインだからではなく他の条件(ツールアクセス等)の方がリペアの可否にとって判断の材料になることが多いですね・・・やはり昨日の記事同様にその判断は私達専門のプロにお任せいただければと思います。。。

201704035

こちらは調布市よりお越しいただいたスズキハスラーのオーナ様・・・今月に入ってもまだまだ終わりそうにないガラスリペアのご相談が続いています。

201704036

運転席側のガラス上部・・・縁から10センチ以内なので専門店以外では”リペア不可”の判断をされてガラス交換をすすめられることも非常に多いようですね。

201704037

約1時間後・・・無事リペア完了です!運転席側とは言え普段の視界には入らない箇所なのでリペア後に残る痕跡も気にならないかと思います。

このフロントガラスは使えなくなったら再利用が出来ず”産業廃棄物”と化します・・・リペア出来ないのなら仕方ありませんが極普通にリペア可能な傷まで交換するのはエコの観点から見ても???ですよね。

デントリペアもガラスリペアも本当に今の時代に求められる”エコロジー”の面では最も最先端と言える技術です!私もそんな技術に携わっている一人として誇りを持って取り組んでいます。。。


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

春はすぐそこ(^_-)-☆

決算月ということもありやはり3月は取引業者様からのご依頼が集中しております・・・不在時にもご来店されているお客様もかなりいらっしゃるようで店舗前からお電話をいただくこともあり・・・( ;∀;) せっかくお越しいただいているのですが作業中のためすぐに戻ることも出来ずご不便をお掛けしております<m(__)m> 出来れば(特に平日は・・)ご来店いただく前にお電話いただけると直近の予定も含めて出来る限りご希望に沿えるように頑張りますのでよろしくお願いいたします(平日の火曜日は定休日なので予めご了承くださいませ<m(__)m>)。

201703291

こちらは・・・都内よりお越しいただいたベントレーのオーナー様、全体像等も含めて詳細は内緒ですが(この写真はオーナー様のOKいただいてます)ここまでの高級車になると正規ディーラー様での板金塗装のお見積りと基本的に車種を問わずサイズのみで料金が決まるデントリペアではそのメリットは計り知れませんね(@_@) オーナー様にもそのメリットを存分に感じていただき!とても喜んでいただけました。

201703292

町田市内より・・・トヨタアルファードのオーナー様、助手席ドアのデントリペアをさせていただきました。既に他店にてデントリペアのメリットはご存知のオーナー様ですが今までご依頼されていたショップが少し遠いため今回もう少し近い場所にないかな~?と検索したら?

超~近くにあるじゃん(^-^;ってことで当店には初めてのご来店となりました。

201703293

ドアに中心が鋭いシャープデントですね・・・ツールアクセスを確認してオーナー様の目の前でその工程を説明しながらの作業にて。

201703295

へこみをぎりぎりまで上げてから中心に残った点傷を塗装肌に紛れるレベルまで微調整してリペア完了!

オーナー様、リペア作業を見るのは初めてとのことで一連の作業工程、そして何よりも仕上がりにも大変感動していただきました(急遽リヤフェンダーのへこみも追加!無事完了となりました)。

そろそろ桜の見頃を迎えるのでしょうかね~、平日と違い週末はかならずお店にいますのでリペアご希望の方はお早めにご予約いただくことでご希望の日時での対応が可能となります・・・よろしくお願いいたします<m(__)m>

 

 

 

 

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

次回はリピーター様でどうぞ(^^ゞ

3連休の二日目・・・今日も朝からデントリペア三昧でした。

201703191

お預かりしていた手前のBMW(F30)・・・ルーフに広範囲のリペアでしたので少し時間がかかりましたが本日無事にオーナー様の下にお返し出来ました。

201703192

こちらは国立市より朝一番のご予約にてお越しいただいたBMW(F31)のオーナー様、洗車中にリヤドアに僅かなへこみを発見(>_<) 極小さなものですが一度見つけてしまうと”我慢出来なくて”というオーナー様のお気持ちよ~くわかります(^-^;

201703193

これ・・・ツールアクセスが出来ればものの数分!?でリペア完了出来るレベルなのですが??これがですね~、現行3シリーズのドアのこの辺りには”あの?補強?”が鎮座してまして!?←同業の方であれば”そうそう!あれね~”と頷いてくれるかと・・(^-^;” っということで作戦変更!今回は傷もなく浅いへこみだったので内張りは外さずにプーリング法にて無事解決と相成りました(^^♪

ほんと小さなへこみだからと言って侮れませんね。

201703194

八王子市より・・・メルセデスベンツCクラスのオーナー様、ボンネットに飛び石による小さなへこみのご相談でした。

201703195

これまた小さいのですが点傷を伴うシャープデントなので結構目立っていました。

201703196

ツールアクセスを確認しつつ・・・デントリペア初体験のオーナー様の目の前でリペア工程を全て説明しながらの作業にて短時間でフィニッシュ!傷も出来限り塗装肌レベルで合わせることが出来ましたね。オーナー様、このブログを見てくれていて”リピートされるお客様が多いんですね”っと仰られていましたが、これでY様ももしもの時にはリピーター様になること決定です😎

午後からはリピーター様のご来店(^-^;

201703197

横浜市より・・・日産フェアレディZ(Z32)のオーナー様、昨年末にもう一台のお車のリペアをさせていただきましたが今回はこちらの左右ドアの複数リペアをご依頼いただきました<m(__)m>

201703198

相模原市より・・・アルファロメオ・ジュリエッタのオーナー様は約2年ぶり、バックドアのリペアをご依頼いただきました<m(__)m>

リピーター様には出来ればなりたくないとは思いますが(^-^;・・・もしもの時に知っているのと知らないのとでは精神衛生的にも全然違いますからね!初体験の方は以後お見知りおきを~~~(^。^)y-.。o○

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

3連休もこつこつと・・・

201703181

この3連休も当店は普段通りの営業です(^O^)/ お預かり車両も含めて一台一台丁寧な作業を心掛けております。

201703182

横浜市よりお越しいただいたのはルノーメガーヌのオーナー様、まだ新しいお車のリヤフェンダーにいつの間にかのエクボ発見(>_<)

201703183

こんな小さな傷のないへこみはまさしくデントリペア以外には考えられませんね(・へ・)

201703184

短時間でのスピード解決にて”なかったこと”に・・・既にご存知の方にとっては当たり前の仕上がりもデントリペア初体験のオーナー様にとっては”何故?直るの?”っと驚かれます(#^^#)

201703185

狛江市より・・・日産キックス(パジェロミニのOEM車ですね)のオーナー様。ドアに複数のへこみのご相談でしたがちょっと難易度が高いへこみもありました。

201703186

縁ぎりぎりに少し深いエクボですね・・・工具アクセスが不安な箇所です、また折り返し部分の縦筋が僅かに残る可能性をご理解いただいての作業となります。

201703187

どうにか・・・違和感なく仕上がりましたね。

201703188

こちらはドア真ん中に20センチ程の横筋状のへこみ・・・擦られているため深い傷もあるのでリペア後も薄っすらと傷が残るケースです。

201703189

それでも深さの限界を超えていなかったのでぎりぎりまでへこみを出して・・・

2017031810

歪みも最小限に抑えたので傷も気にならないレベルかと。オーナー様にも大変ご満足いただけて・・・急遽フロントフェンダーにあったへこみも追加でリペアさせていただきました(^^♪ お役に立てて良かったです~~。

明日・明後日も通常営業しております。お気軽にご相談くださいね(^O^)/

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

明る過ぎず。暗過ぎず。・・の環境で!!

201703131

神奈川県大和市より・・・スバルインプレッサのオーナー様、お電話にて”今回で4回目になりま~す!”っと明るい口調でのご予約です(^-^;

201703132

へこみの場所は前回(2014年10月)と同じ助手席ドアですね・・・前回ほどの深さではありませんがそれでもプレスライン上にくっきりですから結構目立ちます( 一一)

作業する際にはこのようにへこんだ箇所に専用ライトの光を当てて裏から丁寧に押し出します。押した際の僅かな光の動きでデントツールの先端が今どこにあってどの位の強さで押しているかを正確に判断して徐々に元のラインに復元していきます。

201703133

ツールの先端で1ミリにも満たないレベルで変化を加えていくとても繊細な作業となります。そのため作業環境の明るさも重要!明る過ぎても暗過ぎても支障をきたすことがあるので明るさをコントロール出来る環境がベスト!

201703134

当店では原則ご来店いただくことで車にとっても人にとっても優しくまた清潔な店内での作業を徹底することでよりクォリティの高い仕上がりを追求しています。

201703135

誰よりも綺麗に愛車を維持したい!そんな方にとっても安心してお任せいただけるように気を遣い丁寧にリペアさせていただいております<m(__)m> K様・・・5回目のご依頼もお待ちしてますよ~~!?(^。^)y-.。o○


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > ご挨拶

アーカイブ
タグ

東京都町田市のデントリペア専門店 Y's FACTORY

デントリペアナビ ~デントリペアを通じてお客様に感動を~

旧ブログ(ココログ)はこちら!

ページの上部に戻る