MENU

open

デントリペア日記 HOME > 雹害リペア

雹害リペアのアーカイブ

丁寧にひとつひとつ復元するのみです・・・

201706251

相模原市より・・・スバルインプレッサWRX STiのオーナー様がご来店です。

201706252

リヤフェンダー前方のドアパンチ痕ですね・・・僅かに線傷もありますが磨くことでほぼ消えるレベルなのでデントリペアがベストなケース、これで再塗装(板金塗装)するなんて本当に勿体なさ過ぎ(・へ・) それでも同様のへこみで再塗装していることが多いのが悲しい現実なんですね。

201706253

ツールアクセスも運よく!!タイヤハウス内の樹脂カバーを嵌めているクリップ穴から入りましたので・・・

201706254

オーナー様に店内でお待ちいただいている間のスピード解決!オーナー様、”以前から知ってはいたけどなかなか体験することがなくて”っということでデントリペア初体験・・・塗らずに復元出来る技術に大変ご満足いただけました(^^♪

リペアが不可能または厳しいであろうへこみであれば再塗装も止む無し・・・と思います。が??このように明らかにデントリペアがベストと言えるへこみは仕上がり・スピード・価格の全てに於いて大きなメリットしかありませんからね(-ω-)/ もっと多くの方に認知していただけるように情報発信しなければなりませんね。

201706255

こちらは八王子市より・・・三菱アウトランダーのオーナー様よりご相談いただいたのはボンネットに複数(無数?)のへこみ( 一一)

そう!?先週16日に八王子市で降った雹被害のご相談でした。

201706256

16日以降当店でもたくさんのお問い合わせをいただいているこの雹被害ですが・・・その被害状況は本当に様々、また車両保険加入の有無や加入されていても免責等の条件が違いお電話やメールではリペアの可否や概算の見積り額も提示出来ないのが現状です。すぐにご相談いただいた方に於いては順次提携板金工場への入庫(酷い被害の車両はボンネットのみ交換またモール類の交換もあるため)や保険会社様とのやり取りも含めて予定を組んでおりますがこれからご相談される方に於いては入庫の時期を全くお伝え出来ない状況になっております<m(__)m>

201706257

今回はカーポートのお蔭で被害がボンネットのみとのことでしたので通常営業の範囲にて対応することが出来ました。

201706258

今の私に出来ることは・・・とにかく目の前のへこみのリペアに集中すること!ただそれだけ(・へ・)

201706259

”そこにへこみが最初からなかったように”・・・元に戻すだけとは言えやっぱりとことん仕上がりには拘りたいですからね(*^-^*) デントリペア!なかなか奥深い技術なんです。。。

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

大切な愛車のリペアをお任せいただけることに感謝!!

201706211

トヨタスープラのリピーター様よりガラスリペアのご相談です。2年前にボンネットのデントリペアにて初めてご来店。その際にとてもご満足いただけたこともあり今回不運にも飛び石に遭われてすぐに私のことを思い出してくれたそうで!ご連絡いただいた次第でございます(本当に有難い限りです<m(__)m>)。

201706212

車両保険を使って交換してもいいんだけどリペア出来る傷なら無理に交換する必要もないからね!っとオーナー様。

201706213

新車から大切にお乗りになられている愛車だからこその賢いメンテナンス術・・・とでも言いましょうか!約1時間程で無事にリペア完了~、今回もお役に立てました。

201706214

こちらは川崎市より・・・日産ADバンのオーナー様、お仕事用にしてはとっても綺麗だな~っとお聞きすると?何と?プライベート用とのことで(@_@) 恐れ入りました(マニアックっす~っと突っ込ませていただきました・・爆)。

201706215

ボンネット先端付近に僅かなエクボ・・・オーナー様、すぐには気がつかなかったそうで洗車していて発見(>_<) 見つけてしまうとどうにも我慢ならんとご相談いただきました。

201706216

オーナー様、裏を見て袋構造になっていることもありリペア出来るのかご心配されていましたが・・・大丈夫!へこみの裏が直接見えなくても他の場所の僅かな隙間等も充分に使えるので今回も短時間でリペア完了!傷も軽く磨くことで落ちたので良かったです・・・これでへこみを見ては”悶々”と悩むことことがなくなるってもんですね!初めてのデントリペアに”感動”していただけました。

さてさて!?・・・現在通常業務(ご来店対応及び取引業者からのご依頼)に連日対応している訳ですが、当店にも先日16日に八王子市近辺で降った雹被害に遭われた方よりたくさんのご相談をいただいております。

201706217

ただかなりのご相談数になっていまして(;´Д`)・・・

201706218

現時点で入庫時期をお伝えすることが出来ない状況になっております(スタッフは私だけですので・・)・・・あくまでも通常業務に支障が出ない範囲での対応になってしまいますので無理なスケジュールを組むことが出来ません<m(__)m>

201706219

通常のデントリペア&ガラスリペア対応は変わらず一台一台丁寧確実にリペアすること!そして雹害車両のお預かりでの作業に於いてもお引き受けしたからにはお客様の大切な愛車ですからまずは仕上がりありきにて徹底的にリペアすることが必須!たくさんのお問い合わせをいただき本当に有難いのですが迅速な対応が出来ずご迷惑をお掛けしております<m(__)m>

その中で何が一番大切か!今の当店(自分)に出来ることを責任を以てやるのみですから・・・何卒ご理解いただければと思います。。。

 

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

プーリングとそのリスク・・・

昨日からお預かりしている雹害車のリペアをひたすら。そして本日完成!何度もチェックして”よ~しひとつ残らずリペアしたぞ~!”っと・・・が?しかし?

あれ??

201610191

バックドア上部にポチッと・・・一カ所まだありました(T_T) この角度でも雹が当たったということなんですね~。

201610192

この場所は袋構造のためデントツールが入らない箇所なので表から引っ張る”プーリング法”にて無事リペア完了!無事お引き渡しいたしました(^^♪

201610193

こちらも昨夜からお預かりしているスバルエクシーガ相模原市よりお越しいただいたオーナー様には代車をお使いいただいて本日夜のお渡しにて”計10カ所の一台まるごとリフレッシュ”です。

201610194

その中から、やはり!?工具アクセスが出来ない箇所のご紹介・・・まずはリヤフェンダーの前方(リヤドア後方)ですがこの場所もほとんどの車種に於いて裏に隙間がないので通常のデントツールでのリペアが出来ません。

経験上プーリングに対するリスクが少し高い塗装面なので注意が必要です(同業者様から剥がれた・・という情報もあったので)。例え新車からのオリジナル塗装でもメーカーや車種によってリスクの差があります、もちろんオーナー様のお手入れや駐車環境等によっても塗装面の経年劣化の度合いが変わりますのでこの辺りの見極めも大事ですね。

201610195

”プーリング法”の場合は表から引き出す方法ゆえ必ず作業リスクが伴います、それでも何種類かのプーリングツールを使い分けることでそのリスクが最小限になるように・・・とにかく慎重に作業する必要があります。

201610196

同様に・・・こちらも原則工具が入らないルーフピラー部分です。

201610197

慎重に慎重に・・・無事リペア完了いたしました(^^♪

どうしても工具が入らない場所に有効なこのプーリング法ですがそのリスクも含めてオーナー様への事前説明が重要です・・・やたらと不安を煽ることはありませんが万が一のリスクをご理解いただき安心してお任せいただけるように・・・万が一のことがあったらお客様も、そしてそれ以上に私が落ち込みますからね(:_;) 小さなへこみだからと言って本当に侮れないのです。。。

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

早朝より・・・(´ω`*)

201610181

取引業者様から先週よりお預かりしている(勝手に置いてった??)雹害車なんですが・・・なかなか手をつけることが出来なくて放っておりました(爆)。

201610182

これはルーフのアンテナ左後方の一部・・・いつ頃の雹害車両なのでしょうかね?へこみひとつひとつの深さはそれほどでもありませんが数が多いので大変(T_T) それでもひとつひとつ丁寧にリペアすることで復活出来るのでデントリペアが最善の修理法と言えます。

201610183

ルーフのリペアの場合はこのように内張りを全て外しての作業となります。この車は接着剤で内張りが鉄板に直接貼られているため剥がすのも一苦労です。

201610184

接着素材の場合は剥がす際にどうしてもこのような皺や折れが出来てしまうので原則パーツ交換となります。ただ全体を剥がす必要のないリペアやこの折れ等の入るリスクをご理解いただければ車種にもよりますが剥がさずに作業させていただくこともあります(今回は交換OKとのことでしたので大胆に剥がしましたが(^-^;・・)。

ってことで今日は朝から頑張って時間作ってひたすら”雹害リペアロボット”となっております(+_+)

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

最終チェック&お渡し完了~!

201604081

地球上からまた雹害車が一台なくなりました(*^^)v

201604082

お引き渡しは明日の予定でしたが、本日急遽・・・オーナー様よりご連絡があり、”仕事が早く終わったので今日でもいいですか?”っと。昨日のブログ記事もご覧いただいたそうで・・・お引き取りを心待ちにされているオーナー様のご期待(いや?それ以上だな・・😎)に沿う仕上がりで完成していますのでお仕事帰りにそのまま愛車を迎えに来ていただきました!

私もその命を受け・・・最終の最終チェック!!・・・??あれ?

201604083

左リヤドアに1センチほどの僅かなエクボ発見しちゃいました(@_@) ってことで・・・

201604084

オーナー様がご来店される前に速攻リペア!運よくご覧の通り、側面のゴムモール部の小さなクリップ穴からツールアクセス出来ましたので・・僅かなエクボだったので”あっという間に”無事解決となりました。

201604085

これで本当に完成と相成りました(^-^;

201604086

オーナー様、へこみがなくなったことはもちろん隅々まで綺麗になったご自身の愛車を前にして”こんなに綺麗な状態で乗るのは久々だぁ~~!”っと大変喜んでいただき・・・最高の笑顔にて!お見送りさせていただきました<m(__)m>

パネル交換しない、パテ入らない、板金しない、色も塗らない・・・材料を一切使用せずに全てのへこみをデントツール&技術だけで復元完了!これって何気に凄いことだと思いませんか?(自画自賛・・(*^^)v・・)いつも言ってますが決してパネル交換や板金塗装技術を否定している訳ではありません、ただこうしてそこまでせずとも全く問題なく復元出来るケースも多々あるのに選択肢にすら入らない・・・というのが本当に勿体ないと思うのです( `ー´)ノ 今回もオーナー様がディーラー様の言われるがままに修理していたらボンネット&ルーフは交換、他のパネルは板金塗装になっていましたね(>_<)

デントリペアで直るへこみはデントリペアで!これは雹害車修理に於いてもそのまま当てはまります・・・私達もお客様から真っ先に選ばれるように認知度&信頼度を上げていく努力を続けなければいけませんね。。。ガンバロ。

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

更に・・・着々と!

201604071

お預かりしている雹害車両ですが・・・120箇所あったへこみは全てリペア完了!軽微なへこみから深くて厳しい場所にあるへこみも多数ありました(雹は場所を選んで当たってくれませんからね(^-^;・・)。

ルーフピラーにこのへこみは厳しかったぁ~~(>_<)

201604072

ツールアクセス出来ないのでプーリング法でのリペアなので難易度は更に上がり、おまけに角にかかっているので苦戦することは必至・・・でもここだけは”板金塗装”しましょう?となったら勿体ないですからね~~。

201604073

何度も引っ張っては・・・表から叩いての繰り返し!芯が中々出てこなくて予想通り難儀しましたがどうにかこうにか(大汗)何とかなりました。このようなリペアは技術も当然必要ですがそれ以上に”根気”も必要ですね(^^ゞ

こうして無事に雹によるへこみは”なかったこと”になりました・・・あとはオーナー様にお渡しするだけですが?その前にせっかくですからもっと綺麗にしちゃいましょう!?

201604074

ここはルーフレールのモール部分・・・モールを外すと?見事に長年の汚れが蓄積されていますね( 一一) こういうの見ちゃうと私・・・我慢出来ないんです。

201604075

普段は見えない場所でもやっぱりこうなると気持ちいい!

201604076

フロントグリルのメッシュ部分も?こつこつと綿棒を使って樹脂パーツ専用のコーティングを施すと?

201604077

う~ん、超気持ちいい!・・・っていうか?もはやデントリペア屋さんの仕事ではない?ですね(*_*) でもいいんです。車が綺麗になれば嬉しいですからね!

っとこんな感じでその他諸々やっちゃいましたとさ( ^^) _U~~・・・へこみが直ってるのは当たり前!ですが入庫した時以上の輝きを与えて・・・あとは週末にオーナー様のお迎えを待つのみでございます<m(__)m>

そしてこちらは・・・横浜市よりお越しいただきましたベンツEクラスクーペのオーナー様です。

201604078

昨日のベンツ様の記事がまたまたベンツ様を呼んでくれちゃったようです(^^♪

201604079

流麗なクーペのボディラインを崩してしまうリヤフェンダーのドアパンチ跡が4カ所程ありました。悩んでいたところにお知り合いの方が”デントなんちゃら”がいいよ!っと聞いて検索・・・当店がヒット、ブログでベンツ記事発見!こりゃ~行くしかないでしょ!っとのことでのご来店にて。

2016040710

作業開始から30分程で跡形なくリペア完了です!

オーナー様もその仕上がりにびっくり!何で直るの??っとご質問されましたので物理的にしっかりと直る理由をご説明させていただきました。

オーナー様もこの技術の素晴らしいメリットに納得の大満足の笑顔になっていただきました。。。(*^-^*)

 

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

着々と・・・

今日も朝一番より・・・ガラスリペアから一日がスタートです(^^♪

201604051

相模原市よりトヨタVOXYのオーナー様。

201604052

練馬区より日産ラフェスタのオーナー様、前回はデントリペアでご依頼いただいたリピーター様となります<m(__)m> どちらのオーナー様も当店のHPをしっかりご覧いただいていて、傷の表面をばっちりビニールテープ(セロテープは水に溶けるのでNGです・・)で塞いであったので雨水の混入もなくスムースにリペア作業に入らせていただきました(*^^)v お陰様で無事にリペアは完了です!

そして・・・3日からお預かりしているトヨタヴィッツRS、本日午後より作業スタートです!?と言うのも車両保険を利用しての雹害車修理のため修理代金等の事前協定作業が保険会社の担当者の立ち合いの下に行われるのです。

201604053

もちろんこのような車両保険使用時に於ける保険会社様との対応も当店は数多くさせていただいているのでお任せくださいませ!今回もスムースに進み、また担当者の方にも実際にデントリペアでの修復を直接見学もしていただきました(^^)/

保険会社としてもデントリペアで修復出来るならばその方がベスト!とお話しされていましたが、やはり!?業者(職人)ごとに価格、仕上がり等にばらつきがあるため積極的には薦められないというジレンマがあり結局、一般的な板金塗装(交換も含めて)での対応をせざるを得ないとのことでした。

私達にとってお客様への信頼はもちろんですが、このような保険会社様との信頼関係も非常に重要です。お客様に喜ばれる高いクォリティを適正な金額で提供し続けることでその信頼は一層厚くなるのだと思っております。

201604054

昨年8月2日の栃木県を中心に降った雹により・・・ルーフに深いへこみ多数・・・

201604055

M様~~、ご覧の通りなくなりました~~(^^♪ 側面及びボンネットもほぼ終了~、あとはツールアクセスの出来ないピラー部等を残すのみ!今しばらくお待ちくださいね(^◇^)

さて?こちらは取引業者様より急遽のご依頼にて・・・Cピラー部のへこみですね。

201604056

ひょっとして内張りを外したらツールアクセス出来るかも?と淡い期待を持って外してみましたが・・・残念、そんな隙間や穴は全くありませんでした(=_=)

ってことで?

201604057

頑張って”プーリング法”にてフィニィッシュ!!無事にお役に立てました~~。。。


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

本当に助かりました~~(^^)/感謝感謝!

先週の月曜日からお預かりしている雹害車両ですが被害が酷いこともあり・・・また普段の営業をしながら空いた時間を利用しての作業なのでなかなか進んでいませんでした(+_+)

201510271

でも昨日、今日の2日間、頼もしい助っ人が駆けつけてくださいました(^^)/ 茨城県は水戸市で大活躍されているデントラボラトリーの安藤代表です!

201510273

車両を見るなり”え?これですか?”っと一瞬絶句したようにも見えましたが(^-^; そこは雹害リペアも数多くこなしている職人さんなので私も安心してお任せ!数年前の茨城での雹害の際にも一緒に仕事させていただきましたが、技術はもちろんのこと、お客様の車の丁寧な取り扱いや接客対応、そして何よりもその人柄で多くのお客様を魅了していて私も絶対的な信頼を置いている職人さんの一人でもあります(^^♪

201510274

こんな嫌らしい場所に嫌らしいへこみも・・・”うひょ~、厳しい~~”っと言いつつも?

201510275

きっちり仕上げてくれました!(^^)!

そんな私も・・・甘えてばかりはいられませんので(^^ゞ

201510276

Aピラーに切なくなるほど深~~いへこみですが?

201510278

工具アクセスは?不可ですので・・・プーリング法でのリペアですが、この硬い場所でここまで深いへこみですと本当に難しい作業です(+_+)

DSC_9988

なんとかなりました~~(*^^*)←塗装が剥げるんじゃないかと内心ドキドキでしたが。

お陰様で2日間は2人で集中して作業出来たので効率も良く本日の夕方に無事に納車完了となりました!いや~~、ほんと助かりました。

忙しい中駆けつけてくれて・・・安藤さん、本当にありがとうございました~~<m(__)m> お客様は大満足~~!!っと仰っていましたよ(^^♪

201510272

まさしくPDR(ペイントレスデントリペア) Specialistです!・・・が?しかし?昨日の夜は2人で街に繰り出して・・・安藤さん、夜はもっと!?スペシャリストになってしまいましたとさ!?(謎爆)😎

今は帰路についているはずですが・・・まっすぐ帰宅するかどうかは全く不明です!?


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

どっちでも・・・大丈夫!

201510231

朝一番・・・横浜市より日産ルークスのオーナー様、ガラスリペアでのご来店でした。リペアは1時間ほどで無事完了!明日から車検とのことですのでお役に立てて良かったです(^^♪ 何でも色々調べられたた結果、当店を選んでくれたそうで・・・ほんと嬉しいですね、I様、今後とも長いお付き合いよろしくお願いいたします~~<m(__)m>

201510232

こちらはまだまだ続いている雹害車両・・・ルーフピラーにも容赦なくへこみがあるのですが、ピラー部分は基本的に工具アクセスが不可能なため表から引き出す”プーリング法”がメインでのリペア作業となります。

・・・が?内装を全て外してあるので裏を確認すると・・・ありました!アクセス可能なポイント(穴)が(*^^*)

201510233

プーリング法でも充分リペア可能ですが、やはり工具アクセス出来るならばその方が早いですね。

201510234

っということで短時間でリペア完了となります・・・しかしここから前方はやはりアクセス不可でしたのでひたすら引っ張ってリペアいたしました(^-^;

こちらは今日の入庫車両のトヨタアルファードの・・・リヤフェンダーの縁に近い箇所に小さなエクボですね。

201510236

これ、フロントフェンダーならば簡単ですが、リヤとなると話は別!?・・・タイヤハウス内からへこみの裏には直接触れません(2重構造になっています・・)。

っとなると?僅かな隙間に工具が入るかどうか確認する必要がありますが、そのためにはまず、重いサードシートを外してから内装を全部外して?という結構な作業になってしまいその分の時間&別途脱着工賃も必要になってきます( 一一) へこみが深かったり大きかったりすれば仕方ありませんが、出来れば時間も工賃も最小限で済むのならばそれに越したことはありませんね(*^^*)

201510237

そういう訳で・・・今回は全ての状況を考えて”プーリング法”がベストと判断!

201510238

結果的に短時間で無事リペア完了!このプーリング法ですが通常の裏からのリペアよりも難易度は高くなります。引き出しの加減(タイミング等)や引き出した後のポンチングと言われる繊細な叩きの技術が求められます。怖いことにカー用品店等でもDIYの引張りキットが売っていますが、未だにこれを使って大失敗してしまった方のご相談も多くいただいています。あまり酷い状態になってしまうと私達プロでもリカバリー不可能となりますのでご注意ください(決して脅かしているのではありませんよ・・それだけやっちまった方が多いんです・・)。

小さいへこみだし簡単そうだからやってみよう!?と思うお気持ちはわからなくもないですが(´・ω・`) 大切な愛車だからこそ!小さなへこみと言えどももしもの時にはお近くの信頼できるプロの職人さんにご相談してくださいね。。。

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

容赦ないへこみ達・・・(:_;)

201510211

空いている時間にこつこつリペアしている雹害車ですが・・・よくもまあこんだけへこんだものです(:_;)

201510212

まさしく”ボッコボコ”という表現がぴったりですね・・・これはルーフですが当然ながら雹は場所を選んで当たってくれませんから他のパネルも同様の被害となっています。パネル以外にもルーフモールや窓枠上部のモール類もへこんでいますので交換できるパーツは今回全て交換予定、ボンネットも致命的な状況なので今回は交換となります。

201510213

ルーフも一般的には交換と言われても仕方がないレベルではありますが、まだ新車ゆえに出来れば交換は避けたいというご意向でしたので仕上がり予測等をお伝えしたうえでのデントリペア施工となりました。

201510214

深さの限界を超えているであろうへこみも多数あったためまとめるのに苦労しております(+_+) しかしとにかく焦らず丁寧な作業を心掛けてじっくりリペアしております。

201510215

ふぅ~、かなりいい感じになってきましたね~~(*^^*)

201510216

まだまだ細かい部分を詰めていきます・・・が?

今日はもう帰ろ&明日22日(木)はお休みいただいております(^^ゞ

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > 雹害リペア

アーカイブ
タグ

東京都町田市のデントリペア専門店 Y's FACTORY

デントリペアナビ ~デントリペアを通じてお客様に感動を~

旧ブログ(ココログ)はこちら!

ページの上部に戻る