MENU

open

デントリペア日記 HOME > ガラスリペア

ガラスリペアのアーカイブ

ゴールデンウィークは全て営業中~(^^)/

今日からGWに突入ですね!最大で9連休という方もいらっしゃるようですが当店は期間中通常通りの営業となります。さすがに初日の今日は電話もあまり鳴らず静かな一日・・・お天気も良くお出掛け日和ですからね、お休みを満喫されているかと思います(#^^#)

201704291

国分寺市より・・・4年ぶりにお越しいただいたホンダアコードワゴンのオーナー様、前回はデントリペアのご依頼でしたが今回はガラスリペアのご依頼です。

201704292

かなり細かく何カ所も石が当たっていますね、表面の欠け(チッピング)のみであれば伸びるリスクもなく車検も大丈夫ですが左右にはっきりと伸びる黒く見えるヒビがあるのでリペアが必要なケースです。オーナー様、以前同様の傷を放置していたらヒビが一気に伸びてしまいガラス交換を余儀なくされた苦いご経験もあり今回はすぐにご相談いただきました。

201704293

よ~く観察すると左にもヒビが伸びていて結構長い一本線だったので早めにご相談いただいて大正解でした!チッピング部分は埋めることでフラットにはなりますが雨染みのように残りますので細かければ細かいほどリペア後の見た目にも影響してきます。それでもしっかりリペアすることで安心してお乗りいただけますからね・・・何よりも早めの処置がおすすめです。

201704294

町田市内より・・・スバルエクシーガのオーナー様は初めてのご来店。左右フロントドアに複数のドアパンチ痕のご相談でした。

201704295

これは助手席側・・・縦に10センチほどのドアパンチ痕、上部が少し盛り上がっているのはそれだけ強く当てられた証拠(>_<) このへこみの影響はドア下部まで及んでいました。

201704296

オーナー様、まずディーラー様にご相談されたところ、ドア下部のラインステッカー貼り直しを含めて助手席だけで15万超のお見積りだったそうです(>_<) う~ん、勿体ない(・へ・) デントリペアで直らないのならば仕方ありませんがこれはデントリペアがベストと言えるケース!今回運転席&助手席ドアに大小4か所をリペアしても板金塗装(しかも片面)の3分の一程度ですからね・・・費用対効果は抜群!オーナー様にも大変喜んでいただけました。

201704297

世田谷区より・・・ジープチェロキーのオーナー様、ご予約ではありませんでしたがエクシーガのリペア終了と同時のご来店だったのでそのままご入庫です。が?しかし?

201704298

飛び石被弾・・・この場所はちとやばいです!?( 一一) いくらなんでもガラス下部の端っこも端っこですので。表面の欠損が大きいのはまだしも?左右に伸びそうなヒビもしっかり確認出来ますね。

201704299

このように縁に近いとそれだけで”リペア不可”の判断を下されることも多いようです(実際にHP等の注意書きに縁から〇センチは不可なんてありますよね)。でも実際にはこのようにガラスの端でもセット可能な専用器具もありますからね(^-^; 当店でも作業中のリスク等の事前説明はさせていただきますが基本500円玉サイズ内を基準に場所は問わずに出来るものはリペアさせてもらっています。

2017042910

欠損部が大きいので表面を埋めた感はありますが(^-^; 一番心配な左右に伸びる傷はしっかりレジンが浸透しているので大丈夫かと思います(もしもの時には当店の定める一年保証で対応していますのでオーナー様のリスクは最小限かと・・)。

お出掛け先でもし?飛び石に遭われたら・・・出来るだけ早めに”ガラスリペア”で検索!実績のある専門店にご相談くださいね。。。

 

 

 

 


だいぶ減ってきましたが・・・

4月も半ばを過ぎて暖かくなり、スタッドレスタイヤの装着率も少なくなったことも重なってガラスリペアのご相談もだいぶ落ち着いてきましたね・・・それでも今年に入って初めて飛び石を被弾される方も多かったようで当店でも2月・3月は本当にご依頼が集中しました。

201704271

横浜市より・・・スズキジムニーのオーナー様。

201704272

伸びるリスクは比較的低い傷の形状ですがこのままでは車検に通りませんのでやはり早めのリペアをお勧めしています。

201704273

放射状のヒビがなく目玉状の傷はリペア後もかなり透明度が高く綺麗に仕上がります(衝撃点が小さければ小さい程よりリペア痕がわかり難くなります)。

201704274

山梨県韮崎市より(遠方より遥々のご来店ありがとうございます<m(__)m>)・・・ホンダフィットのオーナー様。

201704275

こちらはちょっとサイズ(500円玉を僅かにオーバーレベルです)も大きく複雑な割れですね、衝撃点も2か所あり内部でヒビが一部繋がっているケースですのでリペアする際にも通常の工程に一手間加えて・・・より慎重な作業となります。

201704276

2か所共にきっちりレジンが浸透しました。複雑な割れ方だったのでリペア後もこのように全体的に白濁した仕上がりになりますがオーナー様もこの画像(一眼レフ&マクロレンズ使用)と実際の仕上がりを比べて”肉眼で見るとここまで見えないですね”っと・・とても喜んでいただけました(^^)/

少なくなってきたとは言えまだまだ油断出来ない走行中の飛び石、あまり飛ばし過ぎるとそれだけ飛び石の威力も増しますからくれぐれも皆様、安全運転を心がけましょう~~。。。

 


ご紹介しきれませんが・・ご来店に感謝

今日は気持ちの良い青空!お出掛け日和にも拘わらず当店にもたくさんのお客様にご来店いただきました。その中から嬉しい嬉しいリピーター様のご紹介です<m(__)m>

201704231

朝一番のご予約で横浜市よりご来店いただいたスバルインプレッサのオーナー様は10年ぶり2回目のご依頼!前車では一台まるごとリペアのご依頼をいただきましたがその時は初めてのご依頼だったので半ば”半信半疑”だったとのことですが(^-^; リペア後見事に復活した愛車にびっくり!もしもの時には迷わずデントリペアに決定~!・・・っとあれから約10年(普段から気を付けることで確実にへこみは防げますね)。

201704232

それでもいつの間にかのドアパンチ痕発見・・・リヤドア上部に約2センチ程、ツールアクセスもガラスの隙間から届くはず!?でしたが?ドアハンドル前は見事な補強裏でした(そう言えばそうだったかも?とここで思い出す(^-^;・・)。

201704233

それでも”あの手がだめならこの手で”っとツールアクセスを変更・・・今回はオーナー様の目の前で無事リペア完了~!お役に立てました。

201704234

こちらも横浜市より・・・マツダCX-5のオーナー様は3年ぶり3回目のご依頼です<m(__)m> ご自宅でお子様が自転車を倒してしまったとのことでフロントフェンダー&フロントドアに複数のへこみのご相談でした。

201704235

その中から・・・運転席ドア下部のプレスラインにがつんと深いですね~、これが一番苦労しちゃいました( 一一)

201704236

他の4か所のリペアよりも時間かかりましたが無事プレスラインも復活!今回もオーナー様の笑顔いただきました~~(^O^)/

201704237

こちらは町田市内よりお越しいただいた三菱グランディスのオーナー様・・・ガラスリペアのご相談でしたが”ぜひぜひブログネタに使っちゃってください!?”というので遠慮なくご紹介いたします(^-^;

と言っても!?これがまた厄介なご相談(爆)でして・・・いわゆるDIYキットでやっちまったケースです(‘ω’)

201704238

う~~ん、見事なまでに撃沈してますね~(-。-)y-゜゜゜ 通常ガラスリペアはやり直しが出来ないのでDIYキットも含めてお断りすることも多々あるのですが今回は衝撃点以外はほとんどレジンが浸透していなかったのが幸いでした(^-^;

201704239

それでも通常のリペアに比べて作業リスクも高くまた仕上がりも透明度が落ちてしまいますね、一カ所どうしてもレジンが入らなかったためドリルで新たに傷を作ってリカバリー・・・全てのヒビにレジンが入ったのでこれで安心かと思います。オーナー様、私がリカバリーに必死になっているともう一カ所リペアが必要な傷を発見(>_<) 急遽追加にてリペアさせていただきました(こちらは難なく完了~)。

F様、お電話では無理かも?と思いましたが無事お役に立てて本当に良かったです!これでDIYは懲りたと思うのでもしもの時にはお近くですからいつでもご相談お待ちしております~~(^。^)y-.。o○

 

 

 


思い出していただけると嬉しいです(*^-^*)

昨日同様、今日ものんびりモードでの営業でございます(^-^;

201704161

横浜市より・・・トヨタエスクァイアのオーナー様にお越しいただきました。2月にデントリペアをさせていただいたリピーター様ですが今回はガラスリペアでのご来店です<m(__)m>

201704162

通勤途中に高速にて飛び石被弾(>_<)・・・放射状のヒビが何本も。下縁から10センチ以内の場所なのでこのままでは一気に伸びるリスクの高い傷となります。

201704163

過去にも同様の傷で何度かガラス交換をされた経験があるそうですが、”今思えば?リペアでいけたのかも?”っと(^^; 確かに今回の傷も縁に近い等の理由でディーラーさん等では”要交換”の判断をされてしまうかもしれないですね。オーナー様、前回のデントリペアの仕上がりにご満足いただき、そして当店がガラスリペアも扱っていることをご存じだったので今回は迷わずご相談いただけました!デントリペアと違ってどんなに条件が良くてもリペア痕は残る技術ですが本来の仕上がり、そして強度が復活することで何よりも”安心”していただける技術ですからね!リペア中はお喋りをさせていただきながら私も楽しい時間を過ごすことが出来ました(^O^)/

201704164

板橋区より・・・日産エクストレイルでお越しいただいた素敵なご夫婦(#^^#) フロントフェンダーにいつの間にかの僅かなへこみ(歪み)をご主人が発見(>_<)

201704165

上部から撮ったものですがフェンダーアーチのプレスラインのすぐ上に僅かな横筋状のへこみですね・・・一見どこどこ?っという浅いものですが一度見つけてしまうともうどうにも我慢出来ないご主人(^-^; 奥様のお顔を伺いつつ私もお見積りを(あ!?奥様すみません<m(__)m>)

201704166

奥様のGOサインが出たのでそのままリペアスタート!それほど時間のかかるケースではないのでリペア作業の一部始終をご覧いただきましたがこれには奥様も”機械で直すんじゃないんですね~”っと驚かれ短時間ではありましたがデントリペア技術の繊細さ、再塗装せずに直るメリットをご理解いただけたようです。もちろんご主人は仕上がりに”感動!”とっても喜んでいただき、その姿を見る奥様の笑顔も印象的・・・私も幸せな気分になっちゃいました(^^♪

201704167

こちらもタイミングの良いご来店にて・・・調布市よりお越しいただいたトヨタヴェルファイアのオーナー様、約6年ぶりのリピーター様となります<m(__)m>

201704168

普段からどんなに気を付けていてももらってしまうドアパンチ(T_T) それでもオーナー様は”すぐに社長のこと思い出したよ~”っと!!←嬉しいですね~、こうしてすぐに思い出していただけること。

201704169

リヤフェンダー前方へのツールアクセスは一筋縄ではいきませんが今回は表から引き出すプーリング法を選択!通常のリペアと遜色ない仕上がりになると判断した場合はオーナー様にとって負担の少ないリペア法を提示することでデントリペアをもっと身近に感じてもらうように心掛けています。

2度目・3度目と・・・出来れば次はないに越したことはありませんがもしもの時にすぐに思い出していただけるような存在であり続けたいですね(^^♪ そのためにはまだまだ経験と実績を積むのみでございます<m(__)m>


そして今日も!?・・・

201704091

町田市内より・・・朝一番のご予約はトヨタランドクルーザーのオーナー様、まだまだ続くガラスリペアでのご来店です(^-^;

201704092

実はオーナー様、当初ディーラー様にご相談されたそうですが縁に近いので”リペアは不可”、さらに”どこに行っても断られますよ!”っと言われてしまったそうです(+_+)

う~~ん、いくら何でもこの対応は??ですね。私の知る限りこの傷のリペアをお断りする同業者様はいないかと思います(^^; 縁に近いと言っても器具がセット出来ないほどのぎりぎりの場所ではないし傷の状態も伸びるリスクの少ない形状でもありますからね。もちろんリペア前には仕上がり予想や作業中のリスク等をお伝えしていますがそれは全てのリペアに於いて必ず実施させていただいていることですから・・・これがどうしてもリペア不可やリスクの高い傷でしたら”ガラス交換”をお勧めするのも止む無しですが。

201704093

約40分程で無事リペア完了です!今は昔と違ってインターネット等ですぐに調べられますからね・・・車に携わるプロとしてやはり間違った情報をお客様にお伝えしてはいけませんね(・へ・) そんな私も常に責任を以て専門店として正しい情報を発信するよう心掛けています。

201704094

こちらは横浜市よりちょうど10年ぶり(施工例まではありませんでしたが前々々?車のアクセラの画像がありました~)にお越しいただいたマツダビアンテのオーナー様です(過去の記憶を辿ってお越しいただいたとのことです・・<m(__)m>)

201704095

ご相談いただいたのはこちら・・・運転席ドアにちょっと深いへこみですね、ご自宅で自転車を倒してしまったそうで”電動”自転車の重さゆえ深くへこんでしまい磨きでは消しきれない傷もついていました( 一一)

201704096

それにしてもドア前方で下の方は作業が大変(T_T) 見事に補強にかかっていたこともあり少し時間がかかりましたが無事にリペア完了です。僅かな傷が残っていますが全体の歪みも抑えて仕上がったのでまず気にならないレベルかと思います。オーナー様にも大変喜んでいただけました(^^♪

10年経ってもこうして思い出していただけるなんて!本当に有難き幸せでございます。。。(*^-^*)


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

初めが肝心ですからね・・・お任せを(・へ・)!

201704081

4月に入って2週目の週末もガラスリペアからのスタートです(^-^; 神奈川県相模原市よりお越しいただいたVWゴルフのオーナー様も飛び石によるフロントガラスの傷のご相談です。

201704082

ほぼ500円玉大の複雑な割れ方ですね・・・ここまで複雑だときっちりリペア出来ても全体的に白っぽく仕上がりますが運転中の視界には入らない箇所なのでそれほど気にならないかと思います。

201704083

リペア後・・・細かいヒビの隅々までしっかりレジンが浸透して硬化完了!オーナー様がすぐにビニールテープで塞いでくれていたこともあり作業もスムースに進みました。これで車検もOKですから安心してお乗りいただけますね。

飛び石も、そしてリペアも初体験のオーナー様ですからしっかりと事前のご説明をさせていただきリペアのメリット&デメリット、費用対効果等をご理解いただいたうえで責任を以て作業をしています。

本日ガラスリペア&デントリペアをご依頼いただいたお客様全てがリペア初体験でしたので私の責任は重大(;´・ω・) だって初めての体験で”な~んだ、こんな仕上がりじゃリペアしなければよかった”なんて万が一でも思われてしまったらリペアに携わる全ての職人さんに申し訳が立たないですからね~(^-^;

201704084

渋谷区より・・・トヨタFJクルーザーのオーナー様もガラスリペアでのご来店。

201704085

町田市内より・・・ホンダオデッセイのオーナー様もガラスリペアでのご来店。

201704086

世田谷区より・・・BMW MINI ロードスターのオーナー様、ここでやっと(大汗)デントリペアでのご来店(^-^; リヤフェンダー部でしたのでテールレンズを外して難なくツールアクセス!オーナー様の目の前でへこみはなかったことになりました(初めてのリペア体験は実際の作業の見学も含めて感動していただけたようです(^^♪・・)。

201704087

横浜市より・・・レクサスHSハイブリッドのオーナー様もデントリペア初体験!

201704088

リヤドアに典型的なドアパンチ痕でしたので・・・!?

201704089

塗装面に僅かな傷がありましたがほとんどが付着物だったので軽く磨くことで綺麗に消えてなくなりました。オーナー様には店内でお待ちいただいている間の超スピード解決だったので大変驚かれ、そしてとっても喜んでいただけました(^^♪

何たって初めが肝心ですからね!皆さんに喜んでもらえて本当に私もホッとしています(*^-^*)

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

4月に入っても毎日です(^-^;

201704071

町田市内より・・・三菱アウトランダーのオーナー様、ガラスリペアのご依頼です。

201704072

ほぼ真ん中に衝撃点から両脇に一本のヒビが伸びる”ストレートブレーク”と言われる形状の傷ですね・・・この形状の傷はかなりの確率で素直にレジン(専用樹脂)が浸透しないやっかいな傷でもあります( 一一)

201704073

今回も・・・通常の工程にて真空引き~レジン浸透!?とはいかず。慎重に一手間加えて無事にリペア完了となりました。いつもながらガラスリペアは緊張感を伴います(^-^;

201704074

こちらもご近所よりご依頼いただきましたが同様の”ストレートブレーク”・・・左の傷は”チッピング”と言われる表面上の欠けなので広がるリスクはないのですがリペア工程の仕上げ作業をすることで樹脂が埋まるため目立たなくすることは可能です。

201704075

ストレートブレークはやはり一手間加えることでリペア、チッピングも見栄えが改善しているのがおわかりいただけるかと思います(但し表面を埋めたレジンは経年劣化で徐々に目立ってきますので事前にご了承いただいています)。

201704076

もう一カ所ありましたがこちらは拝見した瞬間に”素直にレジンが入る”と判断!

201704077

衝撃点(表面の欠け)も小さいのでリペア後もかなり綺麗に仕上がりましたね。

4月に入っても毎日続いているガラスリペアのご相談・・・ガラスリペアは早ければ早い程見た目も綺麗に且つ確実に仕上がります!また水分や油分(撥水剤等含)の混入をとても嫌うので傷口が濡れないようにビニールテープ(セロテープは水に溶けるので絶対にNG)で塞いでご相談されることをお勧めいたします。。。


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

運が悪過ぎます~(T_T)

201704051

神奈川県茅ケ崎市より・・・スズキハスラーのオーナー様からご相談いただいたこちらの飛び石傷、これは酷いです(@_@) 全体のサイズは当店の定めるリペア可能範囲の500円玉大ギリギリではありますがここまで細かく内部で割れているとどんなにしっかりレジンを浸透させてもリペア後の痕跡がくっきり残るケースとなります( ;∀;)

201704052

それでも場所が助手席側の上部なので運転中の視界には入らない箇所ということもありオーナー様には仕上がり面や作業中のリスク等も含めて事前にしっかりとご説明させていただいたうえで施工させていただきました。

実は・・・まだ車検を通したばかりとのことでその際に既にガラス交換をされているそうです(今考えれば充分にリペア可能だったみたいですが(^-^;・・)ので交換後にまたすぐに交換になってしまってはさすがにショックかと思います。

しかも??

201704054

もう一カ所ありますね・・・一晩で2か所の被弾だそうです(+_+) もうオーナー様のお気持ちを考えると何と申して良いのやら。

201704055

運転席側ではありますがこれは割れ方もそれほど複雑ではないので大丈夫!

201704056

ここまで綺麗にリペア出来ました。

そして問題の酷い方は・・・衝撃点以外にも割れが表面まで達していることもありやはり基本工程では全く歯が立たず(そのままでは真空引きが出来ない状態ですので・・)。あの手この手で真空引き~レジン浸透~UVランプでの硬化作業を進めて!

201704053

1時間半後・・・無事リペア完了でございます。さすがにレジンが完全に浸透してもこのように全体的に白濁した感じの仕上がりとなりますが強度は出ているので心配ないかと思います。

ガラスリペアはその傷の状態によってリペア後の見た目が決まります(きっちりリペア出来ていることが大前提となりますが・・)。一言で飛び石傷と言ってもその割れ方は千差万別、ガラスリペアが最適なこともあれば状況によってはリペアは敢えて薦めず交換をお勧めすることもあります。暖かくなってきたとはいえまだまだ飛び石には要注意、もしもの時にはお気軽にご相談くださいね。。。


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

上手く使い分けましょう!

201704031

川崎市より・・・スバルエクシーガのオーナー様、約4年半ぶりのご来店です(有難きリピーター様です)前回の記事はあるかな?っと・・・ありましたね~、ルーフサイドのリペアをさせていただいたようです(^-^;

201704032

今回ご相談いただいたのはこちら・・・リヤゲートのナンバー横の鋭角なプレスラインにザックリ。ここかなり硬い場所なので簡単にはへこまないのですが?奥様がバックした際にぶつけてしまったとのことです(:_;)

それでも致命的な傷がないこと、そして歪みを含めても5センチ強程のサイズなのでデントリペアで直れば費用もリーズナブルに、そして即日作業にて完了出来るので他の修理法(板金塗装orパネル交換)と比べても大きなアドバンテージのあるケース!ここはオーナー様も、そして私も迷わずデントリペアをお勧めさせていただきました。

201704033

とは言えプレスライン上の深いへこみは決して簡単ではありませんので慎重に施工させていただきました。

201704034

別角度からも・・・綺麗に復元出来ていますね、傷もほとんどわからないレベルなのでプロも含めて誰からも指摘されることはないでしょう(^^♪

未だにプレスライン云々ということだけで”リペア不可”との判断がなされることも多いようですが決してそんなことはありません(・へ・) 正確にはプレスラインだからではなく他の条件(ツールアクセス等)の方がリペアの可否にとって判断の材料になることが多いですね・・・やはり昨日の記事同様にその判断は私達専門のプロにお任せいただければと思います。。。

201704035

こちらは調布市よりお越しいただいたスズキハスラーのオーナ様・・・今月に入ってもまだまだ終わりそうにないガラスリペアのご相談が続いています。

201704036

運転席側のガラス上部・・・縁から10センチ以内なので専門店以外では”リペア不可”の判断をされてガラス交換をすすめられることも非常に多いようですね。

201704037

約1時間後・・・無事リペア完了です!運転席側とは言え普段の視界には入らない箇所なのでリペア後に残る痕跡も気にならないかと思います。

このフロントガラスは使えなくなったら再利用が出来ず”産業廃棄物”と化します・・・リペア出来ないのなら仕方ありませんが極普通にリペア可能な傷まで交換するのはエコの観点から見ても???ですよね。

デントリペアもガラスリペアも本当に今の時代に求められる”エコロジー”の面では最も最先端と言える技術です!私もそんな技術に携わっている一人として誇りを持って取り組んでいます。。。


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

遠方の方も・・ご近所の方も・・

今日から4月スタート!・・・ですがお天気は今一つ(^-^; それでも4月の声を聞くと一気に”春”がやってきたような新鮮な気分になりますね。

201704011

まだデビュー間もないトヨタCH-Rでお越しいただいたのは愛知県小牧市にお住いのオーナー様(@_@) 愛知県??・・・実は出張でこちらにお越しいただいているとのことでした。納車10日足らずでのドアパンチ痕のご相談です。

201704012

リヤドア下部に典型的なドアパンチ痕なのでデントリペアがベストなケースですね!

201704013

何やら傷のような跡もありますがこの程度なら磨きで消えそうですね。

201704014

リペア後・・・磨き作業も含めてお任せいただけたので跡形無く綺麗に消えました!オーナー様は以前板金塗装に携わっていたそうなので尚更!?塗らずに復元出来るこの技術にとても感動していただけました(^^♪

201704015

こちらは・・・埼玉県久喜市よりお越しいただいたトヨタ86のオーナー様、助手席ドア前方のデントリペアのご相談でした。

201704016

ドア前方にこちらも典型的なドアパンチ痕のようなので迷うことなくデントリペアがベストと言えるケースではあります・・・が?

近くで見ると?

201704017

深い部分はそのままに周囲に感じる違和感・・・実はオーナー様、まずはディーラーさんにご相談されてデントリペアを依頼されたとのことなんですが、結果・・・工具が入らずに断念、そのままお車戻ってきちゃったそうです(T_T)

う~ん、この違和感なんですが何カ所かデントツールの先端が不用意に当たってしまい凸(出っ張り)が出来ている状態でした。お電話でご相談された際にもお役に立てるか否かは直接拝見しないと何とも言えませんからね、、まずは現状をしっかり確認、そしてリペア可能と判断してのスタートです。

201704018

確かにへこみの裏にはサイドインパクトビームがあり少しアクセスがし難い環境ではありましたね。ただデントツールの入る隙間はありましたのでお役に立てました・・・リペアのポイントはまず”へこみに辿り着くデントツール”を持っているかどうか、そしてそのデントツールを活かすべく経験に基づいた技術を持ち合わせているかどうか!これに尽きるかと思います(そういう自分もまだまだ発展途上中でございます・・)。このへこみが板金塗装も視野に入れなければならない程であれば仕方ありませんが”デントリペアがベスト”と言えるへこみの場合は何とかしたいですからね(^-^; オーナー様にも”諦めないで良かった~”っと大変喜んでいただけました。

201704019

こちらはご近所より・・・先月とてもご依頼が多かったガラスリペアでのご来店ですが、見ての通り赤帽さんのスバルサンバーですね(^^♪ 毎日働くお車ですから何日も車を預けていられないですよね。

2017040110

何と山陰自動車道での被弾だそうです(走りますね~)。良く見ると衝撃点が2か所あり内部でヒビが繋がっている状態でした( 一一)

2017040111

通常よりも少し多めにお時間をいただいて・・・約2時間弱のお預かりにて無事リペア完了いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > ガラスリペア

アーカイブ
タグ

東京都町田市のデントリペア専門店 Y's FACTORY

デントリペアナビ ~デントリペアを通じてお客様に感動を~

旧ブログ(ココログ)はこちら!

ページの上部に戻る