MENU

open

デントリペア日記 HOME > アーカイブ > 2017年4月1日のアーカイブ

2017年4月1日のアーカイブ

遠方の方も・・ご近所の方も・・

今日から4月スタート!・・・ですがお天気は今一つ(^-^; それでも4月の声を聞くと一気に”春”がやってきたような新鮮な気分になりますね。

201704011

まだデビュー間もないトヨタCH-Rでお越しいただいたのは愛知県小牧市にお住いのオーナー様(@_@) 愛知県??・・・実は出張でこちらにお越しいただいているとのことでした。納車10日足らずでのドアパンチ痕のご相談です。

201704012

リヤドア下部に典型的なドアパンチ痕なのでデントリペアがベストなケースですね!

201704013

何やら傷のような跡もありますがこの程度なら磨きで消えそうですね。

201704014

リペア後・・・磨き作業も含めてお任せいただけたので跡形無く綺麗に消えました!オーナー様は以前板金塗装に携わっていたそうなので尚更!?塗らずに復元出来るこの技術にとても感動していただけました(^^♪

201704015

こちらは・・・埼玉県久喜市よりお越しいただいたトヨタ86のオーナー様、助手席ドア前方のデントリペアのご相談でした。

201704016

ドア前方にこちらも典型的なドアパンチ痕のようなので迷うことなくデントリペアがベストと言えるケースではあります・・・が?

近くで見ると?

201704017

深い部分はそのままに周囲に感じる違和感・・・実はオーナー様、まずはディーラーさんにご相談されてデントリペアを依頼されたとのことなんですが、結果・・・工具が入らずに断念、そのままお車戻ってきちゃったそうです(T_T)

う~ん、この違和感なんですが何カ所かデントツールの先端が不用意に当たってしまい凸(出っ張り)が出来ている状態でした。お電話でご相談された際にもお役に立てるか否かは直接拝見しないと何とも言えませんからね、、まずは現状をしっかり確認、そしてリペア可能と判断してのスタートです。

201704018

確かにへこみの裏にはサイドインパクトビームがあり少しアクセスがし難い環境ではありましたね。ただデントツールの入る隙間はありましたのでお役に立てました・・・リペアのポイントはまず”へこみに辿り着くデントツール”を持っているかどうか、そしてそのデントツールを活かすべく経験に基づいた技術を持ち合わせているかどうか!これに尽きるかと思います(そういう自分もまだまだ発展途上中でございます・・)。このへこみが板金塗装も視野に入れなければならない程であれば仕方ありませんが”デントリペアがベスト”と言えるへこみの場合は何とかしたいですからね(^-^; オーナー様にも”諦めないで良かった~”っと大変喜んでいただけました。

201704019

こちらはご近所より・・・先月とてもご依頼が多かったガラスリペアでのご来店ですが、見ての通り赤帽さんのスバルサンバーですね(^^♪ 毎日働くお車ですから何日も車を預けていられないですよね。

2017040110

何と山陰自動車道での被弾だそうです(走りますね~)。良く見ると衝撃点が2か所あり内部でヒビが繋がっている状態でした( 一一)

2017040111

通常よりも少し多めにお時間をいただいて・・・約2時間弱のお預かりにて無事リペア完了いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2017年4月1日のアーカイブ

アーカイブ
タグ

東京都町田市のデントリペア専門店 Y's FACTORY

デントリペアナビ ~デントリペアを通じてお客様に感動を~

旧ブログ(ココログ)はこちら!

ページの上部に戻る