MENU

open

デントリペア日記 HOME > アーカイブ > 2017年11月1日のアーカイブ

2017年11月1日のアーカイブ

11月も!!お任せください!(^^)!

11月に突入です!・・・早いもので今年も残す所あと2か月、今日もたくさんのお客様にデントリペアのご依頼をいただいております<m(__)m>

201711011

川崎市より・・・ピッカピカのホンダビートでお越しいただいたオーナー様、探しに探して程度極上の車両を最近ご購入されたとのこと、とても25年以上経過しているとは思えない程のコンディションでした。

201711012

が?しかし!?アクシデントは突然やってきます。オーナー様、一瞬の不注意でボンネットにコツンと物をぶつけてしまい。先端付近にくっきりエクボが・・・(/_;)

201711013

ビートのボンネットはご覧のように後ろから開きますので作業時はこんな感じで・・・裏の樹脂カバーをクリップが割れないように慎重に外してツールアクセスさせました。

201711014

ツールアクセスはばっちりだったのでオーナー様の目の前で復活!初めてのデントリペア体験とのことでしたがその仕上がりに”感動”していただけました。

201711015

八王子市より・・・日産スカイラインR33GT-Rのリピーター様です。あれ?8月にドアのリペアをさせていただいたばかりですが?何とも!?今回のへこみもまた同じ原因だそうで(^-^;

201711016

前回もなかなか厳しいリペアでしたが今回も・・・ドア前方下部というツールアクセスの厳しさに加えてがっつり深い筋状のへこみでした。

201711017

ほぼ寝ながらの姿勢で(=_=) 再塗装面ということもあり深い筋傷は深追いせず、全体的に違和感が出ないように調整させていただきました。同時にフロントフェンダーのリペアもご依頼いただき!無事R33GT-R復活です(^^♪

201711018

横浜市より・・・アウディA3のオーナー様。

201711019

典型的なエクボ・・・とは言え一点集中の深いへこみ、決して簡単なリペアではありませんね(>_<)

2017110110

これだけ深いとそのほとんどに於いて中心部には傷(塗装潰れ)がありますのでへこみを徐々に上げつつ傷をしっかり見極めて最善の方法で仕上げます・・・今回はぎりぎりまで深い点傷を出して塗装肌レベルで紛れるように仕上げることが出来ました。オーナー様にもこちらまで嬉しくなってしまうほどとっても喜んでいただけました~(^.^)/~~~

2017110111

ラストは・・・国立市より6年ぶりにお越しいただいたトヨタプリウスのオーナー様です。

2017110112

ありゃりゃ(>_<) これも3センチ程と小さいのですが一点集中の深いへこみでした。ドアパンチではなく?ドアを開けた際に障害物に”コツン”と当ててしまったとのことです。

2017110113

リヤドア下部なので内張りを外してツールアクセス・・・先程のアウディA3のリペア同様中心を1ミリたりとも外すことなくピンポイントでツールを当てないと絶対綺麗にはならないへこみです。

まさに”点の絞り”で仕上げるデントリペアの基本技術が試されるリペアと言えますね。。。

さあ!11月も・・張り切っていきましょう~。ぜひぜひお任せくださいね(^O^)/


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2017年11月1日のアーカイブ

アーカイブ
タグ

東京都町田市のデントリペア専門店 Y's FACTORY

デントリペアナビ ~デントリペアを通じてお客様に感動を~

旧ブログ(ココログ)はこちら!

ページの上部に戻る