MENU

デデントリマンのデントリペア日記|東京都町田市のデントリペア専門店 Y's FACTORY

「きれい」「早い」「安い」を実現する
車修理の最新技術、「デントリペア」で感動を!
大切な愛車のへこみやエクボをスピード解決!まずはお気軽にご相談ください

デントマンのデントリペア日記

しっかり見極めて!・・・スピード解決。

全く収まる気配のない新型コロナウイルスの感染拡大・・・まだまだ出口は見えませんがしっかりと個人個人が対策して人混みを避けつつ落ち着いて日々の生活を過ごしていくことが大切かと思います(;´・ω・)

都内墨田区より・・・クライスラーSRT8のオーナー様、メールでご相談いただいて本日のご予約でのご来店です。

助手席ドアに2か所のドアパンチ痕ですね・・・普段あまり触ることのないお車ですが、大切なことはいつも通りへこみの形状や裏の環境等をしっかり確認してリペアの可否及びお見積りの算出、作業時間等をお客様にしっかりお伝えさせていただくこと!これに尽きます。

ドアのリペアの基本的な工具アクセスはガラスを下げて上部の隙間からとなります・・・が?ここで見落としてしまうと大変なのが!?

この車はサイドガラスがいわゆるペアガラスと言われる”2重の合わせガラス”となります・・・一般的な強化ガラスに比べて薄いガラスが合わさっているためガラスを支点にしてリペアすると?最悪”ピシッ”っと割れます(@_@) もちろん割れてしまったらリペア代の何倍もする費用を弁償しなければならないので大赤字(T_T) 何よりもお客様に多大なご迷惑をお掛けしてしまいますのでこの確認は非常に重要です(過去に割ってしまった経験のある私が言うのだから説得力ありますね・・爆)。

そんなわけで通常はガラスを保護するのは樹脂シートのみですがペアガラスの場合は加えてステンレスの保護シートを間に挟んだうえで施工することでこのリスクを回避しています。

上のへこみをリペアした後・・・下の小さい方のへこみは同じ工具では入りませんでした。裏に補強が貼ってあったので写っている薄いへら状のデントツールにて僅かな隙間にアクセスさせることで対応いたしました。

っと今回使用したデントツールは2本・・・車種はもちろんへこみの場所によって裏の環境は様々ですので、その都度臨機応変に対応してお客様のご期待にお応え出来ることがデントリペアメリット、そして技術者としての醍醐味とも言えますね。

こうして写真を撮りつつ、お客様とお話ししながらでも作業時間は約30分程でしょうか、決してスピードを重視している訳ではありませんが今までの経験も踏まえての結果ということで(^.^)/~~~・・・オーナー様も初めてのデントリペアに”感動”していただけたようです(^O^)/

 

 

 

 

「しっかり見極めて!・・・スピード解決。」への2件のフィードバック

  1. 昨日お世話になりましたSRT8 オーナーです。
    短時間且つ綺麗に仕上げて頂き、又この日記を拝見し改めてデントリペアという修復手法と山内代表様の技術力の高さに感動しました。
    本当に有難う御座いました。

    1. 小川様
      こちらこそこの度はご依頼ありがとうございました。
      リペアした記憶があまりない車種でしたのでへこみを拝見するまで少し心配でしたが工具アクセス等も問題なくデントリペア本来の仕上がりをご提供することが出来ました。
      条件さえ整えば他の修理法では考えられない程のメリットのある技術ですからね!
      ”感動”をお伝えすることが出来て本当に嬉しく思います。
      まだまだ認知度も低く間違った情報も多い中、やはり実際に体験された方の声に勝るものはありません。今後も技術・サービスの向上に努めていきますので応援よろしくお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP