MENU

デデントリマンのデントリペア日記|東京都町田市のデントリペア専門店 Y's FACTORY

「きれい」「早い」「安い」を実現する
車修理の最新技術、「デントリペア」で感動を!
大切な愛車のへこみやエクボをスピード解決!まずはお気軽にご相談ください

デントマンのデントリペア日記

昨日とは打って変わって・・・寒っ(>_<)

昨日のお休み・・・山梨県韮崎市にある樹齢300年を誇るわに塚の桜を見に行ってきました。少しピークを越えていましたがそれでも大迫力の一本桜が見事でしたね(^^)/ しかし今日は一気に真冬に逆戻り、寒~い一日になってしまいました。

多摩市より・・・ダイハツタントのオーナー様、ガラスリペアでのご来店です。

ん?右上にある小さな傷が気になります・・・これ、しっかり内部で割れていました。サイズは500円玉大に2か所が入っていますので当店では通常の1ヵ所扱いでのお見積り15000円(税別)での施工です。

傷の内部をしっかり真空引きしてからレジンを注入、そして専用UVランプで硬化・・・とこの作業を2か所ですの2回施工して無事リペア完了となります。オーナー様、当初はDIYキットでのチャレンジも考えていたそうですが色々ご説明をしながらご覧いただき・・・ガラスリペアは原則一度リペアするとリカバリー不可になってしまいますのでDIYはリスクが高過ぎ( 一一)・・・”下手に手を出さなくて本当に良かった~”っと。オーナー様もその奥深さに驚かれていました(^-^;

川崎市より・・・メルセデスベンツのオーナー様もガラスリペアでのご来店・・・ですが!?

拝見すると・・・これは他店での過去のリペア痕です。良く見ると薄っすらヒビの輪郭があります。ちなみにこれは全く問題なく綺麗にリペア出来ている”リペア痕”となります!?

ただガラスリペアはどうしても衝撃点の経年劣化は避けられませんので(これは当店がリペアしても同様です)・・・当店でもリペアするにあたって衝撃点の経年劣化のご説明は必ずさせていただいています。このように衝撃点が劣化しても肝心の周囲のヒビのレジンは全く影響を受けていないので強度も問題なしとなりますのでこのままでも大丈夫ではあります。

それでももし気になる場合は衝撃点の埋め直しは可能ですので・・・

劣化したレジンをドリルで除去した後・・・新たにレジンを埋めて固めることでリペア直後の状態になりました(劣化具合によってどこまで見栄えが戻るかは状況により差異があります)。

完全には消えませんが現状の見た目が改善されればOKという方に於いては・・・再びの経年劣化の可能性をご了承いただくことでチッピング(表面の欠けのみ)含めてご相談に応じております。。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP