MENU

デデントリマンのデントリペア日記|東京都町田市のデントリペア専門店 Y's FACTORY

「きれい」「早い」「安い」を実現する
車修理の最新技術、「デントリペア」で感動を!
大切な愛車のへこみやエクボをスピード解決!まずはお気軽にご相談ください

デントマンのデントリペア日記

塗装前提・・・のデントリペア!?

ここにきて急に寒くなってきましたが、新型コロナウイルスが猛威を振るって大変なことになっていますね(>_<) 今は出来る限り人混みを避けて旅行等のお出掛けも控えた方が良いかと・・・私も遊ぶことなくお仕事頑張ろうと思います(^-^;

さて、本日ご紹介するリペアは全て取引業者様からのご依頼、少し続きましたので・・・デントリペアだけでは直らないへこみです!?

まずはフロントフェンダー下部、プレスラインを跨いでいるへこみですがどうやら擦ったか擦られたか・・・線傷を伴っていて塗装が剥がれた部分に既にタッチペンで処理してあるケースです。

塗装の剥がれがなく磨きで消える、又は薄くなるレベルでしたらデントリペアのみで完了!ということも可能ですがこの線傷は消えませんのでこの後板金屋さんにて再塗装が施される予定です。

こちらはリヤフェンダーの前方、リヤドアと隣接するパネルとなりますが、かなり強く擦ってしまったようで深い傷が多数、これも下地が出ているので塗装しなければ綺麗になりませんね。

デントリペアでへこみを出せる所まで出すことで・・・パテに頼らずに塗装可能なことから取引先の板金塗装工場様からも状況に応じてご依頼いただいております(#^.^#)

これはやっかいでした(>_<) アルミパネルのドアのため通常はパネル交換止む無しのケースとも言えますが、何とか交換せずにというご依頼の下、私の出番となりました。とは言ってもこの車、単に内張りを外しても更なるパネルがあって工具が届かないので・・・

う~ん、ガラス&レギュレーター等ごっそりと・・・ここまで外して準備されていたらお断りする理由がなくなってしまいました(とほほ・・)。

ぶ厚いアルミパネルに加えてへこみは全て補強裏、しかも擦っているへこみなのでなかなか出てきてくれず大変でした(>_<) 傷は残りますがここまで復元出来ればパテなしでいけるとのことですからお役に立てたようでございます。

っと・・・このような塗装前提のリペアを取引業者様でさせていただくことで、例えば塗装が剥げたりクラックが入っても大丈夫ということもあり色々なことを試すことも出来ます。普段ご来店くださるお客様のお車では試すことは出来ませんので(^-^; リスク管理も含めて技術的なノウハウを蓄積させることでより多くの方に喜んでもらえるようにまだまだ日々の努力は欠かせないと思っております。。。(#^.^#)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP