MENU

デデントリマンのデントリペア日記|東京都町田市のデントリペア専門店 Y's FACTORY

「きれい」「早い」「安い」を実現する
車修理の最新技術、「デントリペア」で感動を!
大切な愛車のへこみやエクボをスピード解決!まずはお気軽にご相談ください

デントマンのデントリペア日記

この傷で塗り直すのは!?・・・勿体ない(・へ・)

取引業者様からのお預かりにて・・・ポルシェカイエンのデントリペアです。

その中からこちらは・・・バックドアに小さなエクボですね、結構先の鋭い硬い物が当たったのでしょうか?いわゆる芯の深いシャープデントってやつです(;´・ω・)

このようなへこみはプーリング法では芯が出し切れず綺麗に仕上げることが厳しいので内張りを外して工具アクセス、しかしこの車両は内張りのクリップが金属製でとても硬いので要注意(特に冬場の寒い時期は台座破損のリスクもあるので屋外での作業は厳しいですね)・・・リペアそのものよりも内張りの脱着に時間がかかりました(^-^; ほんの僅か点傷(塗装潰れ)が残りますがこれならまず気になる方はいないかと思います。

こちらも取引業者様より・・・レクサスNXのリヤドア下部のプレスライン上にとても深いへこみ(歪み含めて約5センチ程)です。電話では傷のない1センチ程の浅いへこみとのことでしたが見てびっくり(>_<) これまた中心部分は完全に縦筋状の深い線傷(潰れ)があるのでへこみが上がってくるとその傷がはっきりと顏を出してくるケースとなります。

この場所、非常に作業し難いので大変、ここまで深いと単に工具が届くだけでは完全に役不足(>_<)・・・内張りを外してもかなり厳しい状況でしたがな何とかここまで仕上げることが出来ました。

もしこの場所を通常の鈑金塗装で直すとなるとへこんだ箇所は鈑金後にパテでラインを修正&リヤドア一枚の塗装はもちろんですが、隣接する後方のリヤフェンダーまでのぼかし塗装は避けられませんのでどうしても高額必至なケースとなります。それならば少し傷が残ったとしても圧倒的にスピーディ&リーズナブル、しかも新車からのオリジナル塗装を維持出来るデントリペアの選択も充分にあり!かと思います(^^♪

こちらはスズキハスラーでお越しいただいたリピーター様、バックドアに傷を伴う深いエクボでのご相談です。

こちらもへこみはきっちりリペア完了!抉れた傷が深いのでこれ以上の深追いは塗装割れのリスク大、軽自動車で薄く且つフラットな場所ですから伸びの限界を超えてしまうと収拾が付かなくなります(;´・ω・)・・・自然光で見る限り違和感はありませんので!このように傷があってもデントリペアを選択される方も多くなっています。

もちろん最終的な判断はオーナー様ですのでデントリペアor鈑金塗装それぞれのメリット&デメリットをしっかりお伝えすることが重要と考えています。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP