MENU

open

デントマンのデントリペア日記

新車にへこみは似合わない(>_<)

定休日を含めて三日間のお休み明け、お陰様でリフレッシュ完了の山内でございます(^。^)y-.。o○・・・お問い合わせいただいていた方に於いてはご迷惑をお掛けいたしました<m(__)m> またメールでのお問い合わせについては順次返信しておりますので何卒よろしくお願いいたします。

201705261

本日ラストのご来店は・・・町田市内よりスバルフォレスターのオーナー様です。

201705262

まだご購入されて間もない新車に悲しいドアパンチ痕(T_T) これはショックですよね~、これは上部プレスライン上のへこみ・・・僅かな傷がありましたが磨きで消えるレベルなのでデントリペアがベストなケースとなります。

201705265

短時間でリペア完了~!

が?しかし??実は同時に出来たであろうへこみが真ん中付近にも・・・それだけ強く当てられたということですね。

201705263

一見何でもないような縦筋状のへこみですが結構苦労しました!?・・・その原因は裏を確認すると納得!?

201705264

へこみの裏にはシール剤に接着されたサイドインパクトビームが2本、そして上部にはぶ厚いアスファルトシート(防振材)が貼ってあってなかなか素直に上がってこず・・・( 一一)

それでも綺麗に直すために時間をかけてこつこつと・・・

201705266

お伝えした作業終了時間を少しオーバーしてしまいましたが無事に仕上げることが出来ました(^^♪ 新車早々に板金塗装では悲しいですからね・・・オーナー様ご夫妻にもとても喜んでいただけました!お役に立てて良かったです~<m(__)m>

明日・明後日もご予約受付中です!お気軽にご相談くださいね。。。

 


お休み前で良かったです(^^ゞ

201705221

相模原市より・・・ホンダバモスのオーナー様、前回は平成20年6月でしたから9年ぶりのご来店となります<m(__)m> ご相談いただいたのはバックドアのへこみ?とのことでしたが拝見すると??

201705222

へこみというよりも出っ張りが2か所という感じで広範囲の歪みになっています!?・・・詳細を伺うとオーナー様”DIYキットで引っ張ったら出っ張っちゃったんですよ~、とほほのほ~(:_;)・・”っと。←その後私に突っ込まれたのは言うまでもありません(爆)。

201705223

デントリペア・・・特にお待ちいただいている間に完了出来るエクボの修復なんかは見てるととても簡単そうに”ひょいひょい”とツールで押したりしているかと思いますがそこはやっぱりプロならではの技術の賜物ですからね・・・真似すると大惨事を招くこと必至です😎

201705224

大切にされている愛車だからこそ!!もしもの時には私達プロにお任せくださいね。。。

201705225

さて!?こちらは調布市にお住いのルノーメガーヌのオーナー様、デントリペア&ガラスリペア共に何度もご依頼いただいているリピーター様ですが・・・今日の午後お電話にて”たった今東関道で飛び石に当たった~~( 一一)・・”っと。

それから約1時間半後・・・当店にご到着(早っ)。

201705226

昨年の夏にもガラスリペアをさせていただきましたがそこから10センチと離れていない場所にまたまたリペアが必要な傷(ちょっと珍しい形状です)。

Tさん・・・否定しておりましたが!?私に”絶対飛ばし過ぎですって!!”っとこれまた突っ込まれる事態(毎回お客様にツッコミを入れる訳ではないですよ!?)。

201705227

何はともあれ今回も無事リペア完了です!前回リペアさせていただいた箇所も衝撃点部分が少し劣化していたのでついでに埋め直し(同時作業なのでサービスです)させていただきました(^^♪

今日はタイミング良くご連絡~即ご来店即リペア完了出来ましたが・・・明日だったら無理でしたからね~!?

っとここでお休みのご案内です。明日23日(火)~25日(木)は当店お休みとなりますので予めご了承くださいませませ(GWってやつです(-。-)y-゜゜゜)<m(__)m>

 

 

 

 


悩ましい場所です・・・(:_;)

201705211

町田市内より・・・ホンダN-ONEのオーナー様、先週末にご相談いただいていたへこみですがタイミングが合わずに本日改めてのご予約でのご来店です。

201705212

リヤドア上部のプレスラインにがっつり、深い傷を伴うへこみです・・・しかも最前部のためにツールアクセスが非常に困難な場所でした( 一一)

201705213

内張りを外しての作業となりますがそれでもへこみの裏がほとんど隙間のない場所、使いたい工具が使えない環境はちと辛いですね(とほほ・・)。

201705214

塗装欠けが広がらないように注意しながらも何とかここまでリペア出来ました。あとはオーナー様のタッチアップの腕にお任せいたしましょう(^-^;

201705215

川崎市より・・・トヨタエスクァイアのオーナー様、リヤフェンダーにいつの間にかのドアパンチ痕のご相談でした。

201705216

これも結構きつく当てられていますね~。

201705217

ほぼ正面から接写、相手のドアエッジが当たったであろう傷の痕跡がくっきり(>_<) それでもこの程度の傷であればうまく磨くことで塗装肌も壊さずにほば消すことが出来そうです(お任せいただければ傷の磨き~コーテイング施工までいたします)。しかしここも工具アクセスに悩む場所・・・考えられる全てのリペア方法を提示してお客様にとってメリットのある方法での作業を心掛けています。

201705218

工具が届いてしまえばあとはひたすらへこみを元に戻すのみ!オーナー様には代車をご利用いただき私も時間に余裕を持ってリペアさせていただきました。

今日も皆様に喜んでいただけて!!お役に立てて本当に良かったです。。。(^。^)y-.。o○

 

 

 

 


直接見せていただくのが解決の早道です(^^♪

5月も半分を過ぎてしまいましたが・・・今日は暑かったですね~、リペア中に汗掻いてきて思わずエアコンつけちゃいました(;´Д`)

201705201

朝一番のご予約!渋谷区よりお越しいただいた日産クリッパーのオーナー様です。お電話で”スライドドア後方のエッジに近い場所なんですけどリペア可能ですか?”っとお問い合わせいただきました。お客様より車種や正確な位置及びへこみの出来た状況やサイズetc・・・とにかく色々お聞きしてから判断していますがどうしても正確なリペア可否の判断やお見積り額ではなくざっくりとした回答になってしまいますね(^-^;

デントリペアの場合はどんなに小さなへこみでも”直接拝見したうえで正確なリペアの可否及び作業時間や施工料金を提示することが原則となります。

201705202

スライドドア後方下部のプレスライン上に小さなドアパンチ痕ですね・・・お電話の時には”ツールさえ届けば多分大丈夫だと思いますよ(^-^;”っと回答させていただきましたが実際には!?

201705203

やっぱり!?大丈夫でしたね(#^^#) へこみがそれほど深くなかったこと、そしてツールアクセスが容易だったことで短時間で無事リペア完了出来ました。

201705204

神奈川県愛甲郡より・・・BMW MINIクラブマン(F55)のオーナー様も昨夜お電話にてお問い合わせをいただきましたが!?

201705205

こちらは運転席ドアのエッジに近い場所ですのでやはり直接拝見してから判断させてくださいね!とお伝えしたうえで・・・本日午後のご予約にてご来店です。この場所・・・いつものようにガラスを下げて隙間からアクセスを試みるもNG( 一一) ならばと?現行MINIは確かドアの側面に大きな樹脂キャップが嵌っていてそこから届くだろう!と思い確認すると??あれ?ない・・・そうなんです、ここで私はF56ハッチバックのドアとは造りが違うことを初めて知りました(何事も経験です(^-^;・・)。

201705206

ってことで!?またまた作戦変更して・・・無事リペア完了いたしました(^^♪

今回デントリペア初体験のお二人でしたが・・・まさしくデントリペアがベストと言えるへこみでしたからね!ばっちり仕上がって”感動”をお届け出来ました。今日は他にもお問い合わせがたくさんあったのですが取引業者様からのお持込車両が重なったこともあり全ての方の即日対応のご希望に沿うことが出来ませんでした<m(__)m> 明日はまだ時間にもよりますがご予約に余裕がありますのでお気軽にお問い合わせいただければと思います。。。


この場所は目立ちます( 一一)

201705181

中野区より・・・スバルXVのオーナー様にお越しいただきました。ご相談いただいた場所がドアの上部とのことでしたので工具アクセスが出来るか拝見するまでとても心配でした(^-^;

201705182

運転席ドア上部に少し深いへこみですね・・・ドアパンチかと思いきやオーナー様がドアを開けた際に障害物にぶつけてしまって出来たへこみとのことでした(T_T)。この場所・・・やはり!?裏に補強がありいつものようにガラスの隙間からは工具が届きませんでした。

しかし!?その手がだめなら次の手でと・・・そしてラッキーなことに!?

201705183

今回は運よくこのようにキーシリンダー脱着用のホールから・・・補強はあるものの角度的に下からは工具が入る隙間が充分あったため無事にアクセス成功!

ツールアクセスがばっちり決めればこっちのもの😎

201705184

短時間で元通り!・・・塗装肌までしっかり合わせることが出来ましたので”なかったこと”になりましたね(^O^)/

オーナー様、”時間が経てば元に戻ったりしないかな~”なんて淡い期待を抱きつつ約1年、さすがに変化しないので・・・今回ご縁があって当店にご来店いただいた次第でございます(^-^;

やっぱりへこみのない車は気持ちいいものです。。。


ぎりぎりまで馴染ませます!?

201705171

品川区より・・・フィアット・アバルト・595のオーナー様にお越しいただきました。今年に入ってから3回目のリピーター様となります(^-^;

201705172

運転席ドアに3か所・・・同時に出来てしまったようですがどうやらドアパンチではなさそうです!?いずれも芯の深いシャープデントと言われる形状で鉄板をフラットにするだけでは塗装潰れが残ってしまうケースとなります。

201705173

これは一番下の黒〇部分のへこみのリペア途中の写真・・・へこみはほとんど出ていますが深い部分のみ鋭角な傷のように残っています(;´Д`)

201705174

今回は深さが物理的な限界内だったためピンポイントで鋭角な部分を一旦プラス方向に出した後にさらに微調整して周囲の塗装肌レベルに紛れ込ませることが出来ました。へこみや塗装面の状態によってはこの傷を深追いせずに敢えて残すこともあります(すみません!?かなりマニアックな説明ですね(^-^;・・)

201705175

3か所全て無事リペア完了~!今回もオーナー様にとても喜んでいただけました~~(^。^)y-.。o○

 

 


本来の仕上がりを適正な価格で!!

201705151

町田市より・・・トヨタプリウスのオーナー様、ガラスリペアでのご来店です、”ガラスの縁から10センチですが大丈夫ですか?”っとご心配されていましたがもちろん大丈夫です(^^)/

201705152

先日も”プリウスはガラスが薄いからリペアは不可!?”との理由で何故かお断りされてしまったお客様もいらっしゃいましたが・・・!?(@_@) そんなことはありませんのでご安心くださいませ(^-^;

201705153

丁寧にリペアすることで広がるリスクは激減!最初の傷の状態でリペア後の見栄えは決まりますが隙間なくレジンを浸透させることでこのような複雑な傷もここまで改善することが可能です。

201705154

世田谷区より・・・トヨタアルファードのオーナー様もガラスリペアでのご来店、やはり縁から5センチ位とのことでインターネットで調べるも縁から10センチ以内はリペア不可とか(中には下縁から30センチ??なんて所もあるみたいですね(@_@)・・・)、不安を煽るような情報もあって困惑されていました。

201705155

もちろん当店でも絶対大丈夫!!とかは言い切りません(^^; 今にも伸びそうなヒビが縁近くにあれば緊張の作業ですから・・・でもそれは全ての傷に対して言えること、そもそもガラスリペアの作業自体が繊細でとても神経を遣いますからね(^-^;

201705156

リペア後・・・衝撃点が雨染みのように残りますが全体にレジンが浸透することで強度が復活、見栄えもここまで改善します(もちろん車検もOKです)。

作業前には万が一の作業リスクや仕上がり予想&保証内容等も含めてお客様にご説明しています。大切なのはお客様との信頼関係の構築、これに尽きますね!

201705157

こちらは相模原市より・・・スバルWRX S4のオーナー様、前回は6年前にレガシィでのご来店でしたが今年乗り換えたばかりというS4でのリピーター様となります<m(__)m>

201705158

助手席ドアにくっきりエクボですね・・・ドアを開けた際にコツンと壁?にぶつけてしまったとのことで少し深い傷もありました。

201705189

リペア途中・・・これが傷の正体、爪が完全に引っかかるレベルの深さなので磨きでは消すことが出来ません。それでも傷の奥の汚れ?を除去しつつ丁寧に磨くことで・・・

2017051510

今回はここまで綺麗になりました(^^♪ これなら普通に見る分には全く気にならないかと思いますので・・・オーナー様にも”全然わからない”っと今回もご満足いただけました。

2017051514

磨き終了後は当店指定のガラスコーティングを部分施工しておきました(全てサービスです)・・・リペアから磨きまでオーナー様に気持ちよくお任せいただいたからこそのフィニッシュ!!信頼のお付き合いに感謝感謝でございます・・・(^O^)/


僅かなへこみ・・・だからこそ!!

201705141

世田谷区より・・・朝一番のご予約にてお越しいただいたのはBMW1シリーズのオーナー様。

201705142

リヤフェンダーにいつの間にかのドアパンチ痕発見(>_<)・・・どんなに大切にされていても完全に防ぎようのない僅かなへこみではありますが、まさしくこのようなへこみにはデントリペアが最適な修理法となりますね。

201705143

ツールアクセスも良好な場所でしたので9時前(8時半ご到着でしたので・・)には無事リペア完了~!オーナー様にも大変喜んでいただいて・・・ご帰宅後に嬉しいメールまでいただいちゃいました、N様こちらこそご依頼ありがとうございました~(^O^)/

201705144

八王子市より・・・スズキソリオのオーナー様は昨年に続き2回目のリピーター様となります<m(__)m>

201705145

助手席ドア下部にくっきりエクボ・・・軽く自転車が当たってしまったようです。

201705146

少し深いへこみだったので内張りを外して確実にツールアクセスを確保!無事なかったことに出来ましたね(^^♪ オーナー様も2回目のご依頼なので迷わずデントリペアを選択!大正解でございます。

201705147

静岡県静岡市より・・・BMW3シリーズのこちらもリピーター様ですが・・・11年ぶり(@_@)のご来店となります(思い出していただいて光栄です<m(__)m>)

201705148

リヤフェンダーに1センチ程の浅いへこみ・・・オーナー様しか気にならないレベルかもしれませんが!?それでも本当に大切にされているからこそ僅かなへこみでも気になって仕方ないお気持ち・・・よ~くわかりますので(;´Д`)

201705149

塗らずに復元出来るデントリペアだからこそ!このようなへこみであればその場で綺麗に!そしてお財布にも優しくオーナー様のご期待にお応えすることが出来るのですね。。。ご依頼ありがとうございました~~(^O^)/

 


雨ですが・・・店内施工で安心を(^^♪

201705131

相模原市より・・・BMW320iのオーナー様、ガラスリペアでのご来店です。あいにくの雨降りではありましたがご予約時に傷口をビニールテープで塞いでいただくようお願いしていたこともあり水分の混入もなく入庫後すぐに施工スタート出来ました。

201705132

ガラスの縁から10センチ以内の場所に10本程のヒビのある傷(>_<)・・・放置しておくと一気に伸びてしまうリスクの高い傷なので早めの処置が必要です。オーナー様、色々調べるもガラスの縁に近い場所はリペア不可の説明があるお店がほとんどなので躊躇していたところ当店のHPがヒット!施工例やブログにも同様のケースが載っていることもあり・・・ご相談いただきました(^^)/

201705133

たしかに縁に近ければ近くなるほど施工に気を遣うことはありますがそれは全ての傷に対して言えること・・・それでもしっかりリペア出来れば強度も復活して通常使用に於いて問題ないことがほとんどですからね。大切なことはオーナー様にしっかり事前説明してご理解いただいたうえで信頼の下に作業をすることだと思います。リペア後は逆に運転中の視界にも入らないので(^^ゞ・・・オーナー様にもとても喜んでいただけました。。。

201705134

日野市より・・・VWパサートのオーナー様は?

”2年ぶり位かな~~”っと仰ってのご来店でしたが・・・!?

え~っと・・・前回が平成21年ですので8年ぶりでございました(‘ω’)ノ

201705135

リヤフェンダーの上部!?というかCピラー部とも言えますが工具アクセスの厳しそうな場所にいつの間にかのへこみ発見・・・しかも!?

201705136

後方から・・・そのへこみの下にはさらにいびつなへこみ&出っ張りも( 一一) オーナー様も一度見つけるともう我慢ならんと・・・そこですぐに私の事を思い出していただけたそうです。

201705137

嫌~な出っ張り&へこみ・・・消えましたね!

201705138

全くの無傷ですからね!デントリペアが最適なケースではあります・・・が?工具が入らない部分もありプーリング法も併用しての作業となりました。

201705139

元のボディライン復活~~(^。^)y-.。o○

もしもの時に何年経っても思い出していただけること・・・本当に嬉しいですね!ご依頼ありがとうございました~~<m(__)m>

 

 

 


いつへこんだの??(T_T)

201705121

神奈川県横須賀市より・・・ホンダヴェゼルハイブリッドのオーナー様がご来店、昨日と同じアングル同じ車種ですが違うお客様でございます(^-^;

201705122

助手席ドア上部のプレスライン上に典型的なドアパンチ痕ですが一体いつ出来たのか全くの不明とのこと(>_<) 当初は車両保険を使用して板金塗装も止む無しか?と悩んでいたところ・・・お勤め先の同僚でもある昨年当店でリペアさせていただいたZ34のM様登場!

このへこみならデントリペアがいいよ!っと・・・M様からお電話にてご紹介いただき本日ご来店。

201705123

ご来店されてから30分後には何事もなかったかのように!?リペア完了~!まさしくデントリペアで直さなくてどうするの?というケースでしたね(^^)/ オーナー様も初めてのデントリペア体験に”感動”していただけました。

Z34のM様~、この度はご紹介ありがとうございました~~<m(__)m>

201705124

こちらは都内江東区よりお越しいただきました・・・ホンダインサイトのオーナー様、こちらも身に覚えのないへこみがいつの間に??ということでのご相談でした。

201705125

あらら(@_@) これは完全に当て逃げですね・・・リヤドア後方からリヤフェンダーにかけて20センチを超える長いへこみです。幸いにも深い傷がないのでへこみそのものはかなりのレベルまで復元出来るのですがリヤドアの縁の折り返し部分だけはリペア後も折れ線が残ってしまうケースとなります。

201705126

リヤドアは内張りを外して工具アクセスさせての作業、リヤフェンダー部は工具がまともに入らない箇所のため表から引き出すプーリング法での作業となりました。

201705127

別角度から・・・オーナー様にはドア縁の折れ線が残る旨も含めて仕上がりイメージをお伝えしての作業ですがリペア後はまず気にならないレベルになったかと思います(^^ゞ 何よりもオーナー様に喜んでいただけましたので!!ほんの僅かに痕が残ってしまうとは言え板金塗装に比べての”費用対効果”は非常に高いケースでもありますね。

こちらのオーナー様もデントリペア初体験・・・まだまだ知らない方も多いこの技術、もっと多くの方にそのメリットを知っていただきたいものです(^^)/


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

 

アーカイブ
タグ

東京都町田市のデントリペア専門店 Y's FACTORY

デントリペアナビ ~デントリペアを通じてお客様に感動を~

旧ブログ(ココログ)はこちら!

ページの上部に戻る